猛毒ヘビ「デスアダー」の新種を発見、豪州

見た目はそっくり。DNAを調べてみたら・・・

2015.10.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新種のデスアダーAcanthophis cryptamydros。体長50センチで明るい赤みがかった茶色をしている。(PHOTOGRAPH BY RYAN ELLIS)
[画像のクリックで拡大表示]

 過去数百年もの間、科学者に気付かれることなくオーストラリアの茂みをこっそりとはい回っていた猛毒のヘビがいた。

 そのヘビはコブラ科デスアダー属に分類されるもので、ついに発見されて学術誌「Zootaxa」に発表された。ヘビはオーストラリア大陸北西部に生息し、Acanthophis cryptamydrosと名付けられた。

「別に新種を探していたわけではなく、ただ自分の研究に間違いがないかどうか見直していただけだったので、大変驚きました」と語るのは、研究チームのリーダーで、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンとロンドン自然史博物館による共同プログラムの博士課程に在籍するサイモン・マドック氏。

 新種のヘビは体長50センチほどで、他の多くのデスアダー同様、明るく赤みがかった茶色をしている。

 発見されたのはオーストラリア内陸の砂漠地帯ではなく、マドック氏が研究室で様々なデスアダーのDNAを調べていた時のことだった。デスアダーは、オーストラリア、ニューギニア、インドネシアに生息し、世界で最も強力な毒を持つヘビの1種である。(参考記事:「ヘビ毒の万能解毒剤を発見か、血清とは別」

目の前にいたのに・・・

 デスアダーには8種ほどが存在するとされているが、見解の相違があってはっきりとした数字は定まっていない。その多くは、同じ種でも個体によって色や模様がそれぞれ大きく異なるため、見た目で判断することが難しい。

 今回見つかったのは、「ノーザンデスアダー(学名:A.rugosus)にとてもよく似ているので、今まで気づかれなかったのだと思います」と、マドック氏は述べる。

 研究チームは、博物館に保存されたものや独自に収集したものなど様々なデスアダーを使ってDNAの塩基配列を解析、ヘビがいつどのように進化してきたのかを調べた。すると「一部のヘビだけ、ほかと全く違っていたのです」

 本当に新種かどうかをはっきりさせるため、マドック氏は世界中の博物館からさらにサンプルを取り寄せ、野外へも出かけてヘビを捕獲、合計112のサンプルを分析した。その中の32サンプルが新種のヘビのものだった。

 米ミシガン大学の進化生物学者であり、爬虫両生類学の学芸員でもあるダン・ラボスキー氏は、「とても綿密で重要な研究です」と評価する。「オーストラリアと言えばもう隅々まで調査しつくされたと考えがちですが、実は知らないことがまだ多くあるのだということを思い知らされます」(参考記事:「赤い「牙」を持つ謎の猛毒グモを発見、豪州」

獲物を待ち伏せして攻撃

 オーストラリア西部には、実に多様な生物が生息し、その中には数種のデスアダーもいる。「太古の昔から変わらぬ安定した環境の中を、様々な種が生き抜いてきているのです」とマドック氏は話す。

 ヘビの中には獲物を追って捕らえるものもいるが、デスアダーは小さなミミズのような尾を揺らして獲物を待ち伏せする。小型のげっ歯類やトカゲ、ヘビなどの獲物がやってきたら、いきなり飛び出し、毒牙を立てて猛毒を注入し、捕食する。(参考記事:「【動画】子を襲われた母ウサギが、ヘビに猛反撃」

 名前からして怖そうだが、人間を狙うことはない。身の危険が迫った時にかみつくだけだ。「デス(Death=死)アダー」という名は、「デフ(Deaf=耳が聞こえない)アダー」の間違いではないかという声もある。彼らは実際、耳が聞こえないからだ。

文=Carrie Arnold/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加