歴史を変えた、心揺さぶる子どもたちの写真

水死したシリア難民男児の最期の光景は、世界をどこまで動かせるのだろう

2015.09.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9月2日、海岸に打ち上げられた3歳のアイラン・クルディちゃんの遺体を抱え上げるトルコの警察官。アイランちゃんが乗っていたシリアの難民ボートはギリシャ領の島を目指していたが、途中で沈没した。(Photograph Nilufer Demir, AFP, Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 子どもが写った写真は、見る者に我が子や自らの子ども時代を思い起こさせる。苦難にあえいだり亡くなったりした子どもたちの写真と向き合うとき、私たちは他人事ではない悲しみに心を震わせる。

 この感覚が心に変化を起こす。実感しにくいニュースがくどくどと報じられている遠い国の問題に、突如として関心が生まれる。写真が世界の人の目に触れれば、心を動かされる人数も桁違いになる。心を揺さぶられた人々は写真について語り合う。心の変化は考え方を変え、さらには政策、そして歴史を変えることもある。

 今月2日、世界はシリア人難民の子どもの写真を目にした。この3歳の男児は家族とともに内戦を逃れようとしたが、遺体となってトルコの海岸に打ち上げられた。眠っているかのようにうつ伏せで横たわり、波が顔を洗っている。紺色のズボンと赤いTシャツを着て、面ファスナーが付いたねずみ色のスニーカーを履いていた。

 写真は瞬く間に世界中を駆け巡った。トルコ語で「人間性の漂流」を意味するハッシュタグ #KiyiyaVuranInsanlik とともに、多くのツイートが投稿された。

※下のリンクには、上の写真よりはっきりした遺体の写真が掲載されています。了解のうえ、ご覧いただきますようお願いします(編集部)
写真:海岸に打ち上げられたアイラン・クルディちゃん

 社会問題をとらえた写真の調査・普及活動を行う「ピクチャーズ・オブ・ザ・イヤー・インターナショナル」のディレクター、リック・ショー氏は3日、「この写真はおそらく世論を動かすでしょう。見る者の心臓をつかんでもぎ取るほどの力があります」と話した。歴史に残る多くの写真同様、この写真も人間のうち最も弱い者に焦点を当てている。ひと目見て、ショー氏は現在22歳である自身の息子が頭をよぎったという。3歳のとき、息子のロスリーは「行き止まりの道をキックボードで走り回っていました」

 ショー氏はこの写真を、1995年のオクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件で託児所などが破壊されたときの、最も有名な写真になぞらえた。アマチュア写真家だったチャールズ・ポーター氏が撮影した、ピンクの靴下をはいた血だらけの幼児の遺体をそっと抱える、赤いヘルメットの消防士だ。この女児は1歳と1日という年齢だった。

 この写真は世界的に知られ、ピュリツァー賞を受賞した。一方、女児のシングルマザーで当時23歳だったアレン・アーモン・コックさんを動揺させた。最近のインタビューによれば、彼女は事件の翌日に新聞でこの写真を見て衝撃を受けたという。「どういうわけか、新聞の1面に娘のことが書かれているのではと思ったんです」。そして、写真は今も彼女を苦しめている。「どこにいても、いつになっても、ベイリーが死んだことを思い知らされるのですから」

 亡くなったり苦境に陥ったりしている子どもたちの写真は、良くも悪くも象徴的となる。「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の緊急対応部門ディレクター、ピーター・ブッカー氏は2日、ブログ記事を書き、ギリシャ領の島を目指してボートに乗っていたシリア人男児の遺体の写真をリツイートした理由を説明した。「最も胸を打ったのは、この子の小さなスニーカーでした。危険な航海に出る日の朝、両親が身支度をしてくれたときに、この靴を優しく履かせてくれたに違いありません。この写真を見つめながら、私は自身の息子たちの1人が溺れ死に、砂浜に横たわっているのを想像せずにはいられませんでした」

 写真が及ぼす影響は、現段階ではまだ分からない。30年前なら、朝のコーヒーを飲みながら新聞を開く読者にショックを与えていただろう。

 今ではこうした写真も、さまざまな媒体から毎日流れてくる無数の写真の中に埋もれそうになる。私たちはそれらにすっかりまひして、反応しなくなっているのだろうか? 写真が本物か、演出や加工がされていないか信じられなくなっているのだろうか? カメラが切り取ったある幼児の最期は世界をどこまで変えられるのか、少なくとも悲しませるくらいはできるのだろうか?(参考記事:「戦火を逃れ 国境を越えるシリア難民」

次ページ:反戦運動を巻き起こした「ナパーム弾の少女」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加