赤ちゃんパンダを待ち受ける4つの試練

母親パンダに押しつぶされず、元気に生き延びられるか?

2015.08.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国ワシントンのスミソニアン国立動物園のパンダ、メイシャン(美香)が双子を出産。赤ちゃんパンダは24時間態勢で見守られている。(PHOTOGRAPHS BY PAMELA BAKER-MASSON, SMITHSONIAN'S NATIONAL ZOO)
[画像のクリックで拡大表示]
 米国ワシントンD.C.のスミソニアン国立動物園で、ジャイアントパンダの双子が誕生した。死亡リスクが最も高いとされる生後1週間を乗りきるため、動物園は24時間態勢で赤ちゃんパンダの成長を見守っている。(双子のうち小さいほうの1頭が亡くなったと、動物園が26日発表しました(8/27追記))

 今年17歳になる母親のメイシャン(美香)は、4月に人工授精によって妊娠し、スタッフが固唾を飲んで見守るなか、8月22日に双子の赤ちゃんを無事に出産した。

 だが、無事に生まれたからといって安心してはいられない。動物園側は、「生まれたばかりの赤ちゃんパンダはとても弱いため、最初の1週間が勝負です。リスクは高く、油断は禁物」と説明し、連日24時間の完全監視下に置いている。

【動画】ワシントンの動物園では、パンダのメイシャンの妊娠・出産をモニタリングするため高画質のビデオカメラを設置した。(解説は英語です)

 元気に生まれてきた、双子の赤ちゃんパンダ。彼らが生きていくためには、乗り越えなければならない障害が4つある。

1.死亡リスクの高い新生児期

 生まれたばかりのパンダの体重は85~140グラムで、母親のわずか900分の1。有袋類を除く哺乳類のなかでは、新生児の体が母親と比べてとりわけ小さいほうだ。

 生後約2カ月間は目が見えず、自力で移動することもできない。母親の体温と母乳が頼りで、母親に守ってもらわなければ生きていけない。

 1980年に飼育下でパンダの繁殖が行われるようになると、それ以降、パンダの行動や栄養に関する知識が蓄積され、監視技術も進歩してきた。おかげで、「飼育下で生まれたパンダは、ほとんどが生存しています」と、非営利の保護団体「パンダマウンテン」の創設者で会長のマーク・ブロディ氏は言う。同団体は中国の臥竜自然保護区でパンダの生息地回復と保全に取り組んできた。ブロディ氏はナショナル ジオグラフィック協会の支援も受けている。

「パンダはとても希少な動物なので、動物園は万全の態勢で臨んでいるはずです」とブロディ氏は語る。

 それでも悲劇が起きることはある。メイシャンは、2012年9月に第2子となる雌の赤ちゃんを産んだが、生後約1週間で死亡した。動物園によると、肺と肝臓に障害があったようだ。肺の発達が不完全で、酸素を十分に取り入れることができなかったと考えられている。(参考記事:「米動物園の子パンダ、生後6日で死亡」

 メイシャンは、2013年には双子を産んだが、そのうち1頭は死産だった。これは非常に珍しいケースだという。(参考記事:「米動物園の双子パンダ、1匹は死産」

赤ちゃん誕生で盛り上がる同動物園で、2歳の誕生日を迎えたバオバオがフルーツたっぷりの氷菓子をプレゼントされた。メイシャンの産んだ子パンダの中で、大きくなるまで生き延びたのは、このバオバオが2頭目だ。(PHOTOGRAPH BY JIM AND PAM JENKINS, SMITHSONIAN'S NATIONAL ZOO)
[画像のクリックで拡大表示]

2.双子のどちらかを母親が「えこひいき」

 野生のパンダが双子を出産すると、「母親は本能的に強い方の子を選び、もう1頭を見捨ててしまいます」と、ブロディ氏。(参考記事:「えこひいきなパンダ、動物界の“悪母”」

 動物園ではこうした事態を回避するため、1頭を母親に抱かせ、もう1頭を保育器に入れて、数時間ごとに交代させるという方法をとっている。
 ただし、口で言うほど簡単なことではない。8月24日の朝、国立公園のパンダ飼育チームは前夜の苦労をこう報告している。

「夜の11時に子パンダを交代させようとしましたが、メイシャンは抱いていた赤ちゃんを下へ置こうとしません。結局は翌朝まで、飼育チームが小さい方の赤ちゃんを世話する羽目になったのです。朝の7時5分にようやく交代させることができました」

 この方法がうまくいけば、母親は両方の子どもと時間をともに過ごし、母乳も十分に与えることができる。必要ならば、粉ミルクと子犬用ドッグフードに水を混ぜたもので栄養を補うことも可能だ。中国ではこの方法で何度も成果を上げているといい、2013年にアトランタ動物園で生まれた双子のパンダも順調に成長している。

 今後、メイシャンが本能に目覚めて、どちらか1頭の育児を放棄する心配はないのだろうか? ブロディ氏はそうした懸念はゼロではないと認めつつも、おそらくパンダの母親は「目の前にいる子をかわいがる」行動をとり、その結果、どちらの赤ちゃんにも均等に接する可能性が高いと考えている。

メイシャンの第1子タイシャン(泰山)。中国南西部の四川省雅安にあるパンダの保護繁殖施設にて、2010年に撮影。(PHOTOGRAPH BY IMAGINECHINA/AP)
[画像のクリックで拡大表示]

3.母親がうっかりわが子を押しつぶす悲劇

 小さくか弱いパンダの赤ちゃんは、体重90キロの母親の下敷きにでもなればひとたまりもない。2006年には、中国のジャイアントパンダが授乳中に生まれたばかりの赤ちゃんを死なせてしまう事故が起きている。

 もっとも、体の大きさの違いを考えると、「同じような事故がもっと多発していても不思議ではありません」と、ブロディ氏は言う。

 動物園のパンダカメラを24時間監視している飼育員は、母親がうっかりわが子を傷つけないよう目を光らせている。飼育施設内には高感度の録音マイクが設置され、少しでも不審な音が聞こえればすぐに対応できるはずだとブロディ氏は言う。(参考記事:「パンダ貸します」

 動物園の獣医も、子パンダが母乳を十分に飲み、栄養が足りているか注意を払っている。パンダの授乳期間は8~9カ月に及ぶが、成長が遅ければ補助食を与える場合もある。

「パンダの科学の大部分は、観察することです」と、ブロディ氏。パンダの子育てを観察するだけでもさまざまな情報が得られるという。

 たとえば科学者たちは、母パンダが子の腹をなめて排泄を促していることに気づいた。赤ちゃんパンダの筋肉は弱すぎて、自力では排泄ができないのだ。「このことから、赤ちゃんの排泄を助けることの重要性がわかりました。今では飼育員が排泄を促すためのテクニックを編み出し、実践しています」

4.分断される生息地

 飼育下での繁殖は順調そうだが、野生のジャイアントパンダを取り巻く現実は厳しい。中国中部の山林に生息するジャイアントパンダの生息数は、推定わずか1600頭。開発により生息地が分断されたことなどが原因で、数が減ったとみられている。

 そこで臥竜自然保護区では、将来パンダの生息地となるように、在来種の草木を植えて森林を回復させる試みが行われている。

 ブロディ氏はこうした取り組みを続ける一方で、動物園の赤ちゃんパンダの成長も楽しみにしている。

「4~12カ月もすれば、自力で歩けるようになるでしょう。2頭が転げ回って遊ぶ姿は最高でしょうね。パンダカメラが伝える彼らの姿は、きっと爆発的な人気を呼ぶと思いますよ」

文=Christine Dell’Amore/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加