【動画】巨大ホホジロザメ、映像では過去最大級

体長6メートルの巨大ザメがダイバーの前を悠然と泳ぐ

2015.08.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Deep Blue (The biggest shark ever filmed) second part

Another DEEP BLUE VIDEO!!!!(Please read below about our fundraising campaign)Otro video de DEEP BLUE!!!!(Por favor lean el enlace de abajo acerca de nuestro proyecto)

Posted by Mauricio Hoyos Padilla on 2015年8月10日

 メキシコ、バハカリフォルニア半島西岸沖に浮かぶグアダルーペ島は、サメ観察のメッカだ。風格ある生物をひと目見ようと、世界中から人が集まってくる。

 太平洋のメキシコ沿岸で海洋生物の保護活動を行う非営利団体「Pelagios Kakunjá」代表の生物学者マウリシオ・オヨス・パディーヤ氏はこのほど、「撮影された中では最大のホホジロザメ」とする映像をフェイスブックに投稿した。約6メートルもの体長を誇るこのメスのサメは、「ディープ・ブルー」と名付けられている。

 米カリフォルニア州魚類鳥獣保護局によれば、ホホジロザメは体長6.4メートルまで成長することがあるという。2009年の秋には、グアダルーペ島沖で体長5.5メートルのオスのホホジロザメが捕獲された。(参考記事:「世界最大のホホジロザメ、追跡調査へ」

 とはいえ、大半のホホジロザメは体長3.6~4メートルほどと語るのは、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校の生物学者でサメが専門のクリストファー・ロウ氏。ディープ・ブルーは「明らかに巨大なサメです」

 ホホジロザメはたいていスリムで、魚雷のような体形だが、「このサメはかなり丸々としています」とロウ氏は指摘する。「外見だけから判断すれば、おそらく妊娠しているのでしょう」

年齢は50歳?

 防水ビデオカメラの普及が進んだことから、一般の人々も大きなサメの映像を続々と撮影している。同時に、サメの体長の上限に関して科学者が得られる情報も大きく増加している。「これによって、最近の研究の状況はがらりと変わりました」とロウ氏は語る。(参考記事:「“ホホジロザメ追跡”がネットで話題に」

 ただし、ホホジロザメの個体数は、ひれや歯のために乱獲されたり漁網にかかったりして、この数十年で急激に落ち込んでいる。国際自然保護連合(IUCN)レッドリストでは、絶滅危惧II類に指定されている。

 例外は米国だ。最近行われた2つの調査では、米国の東西両岸でホホジロザメの個体数が予想を上回る回復を見せていることが分かった。(参考記事:「ホホジロザメ、米近海で個体数回復」

 だが全体としては、ホホジロザメの個体数は減少している。つまり多くのホホジロザメは、ディープ・ブルーのような巨体になるまで年齢を重ねられないということだ。オヨス・パディーヤ氏は、ディープ・ブルーの年齢を50歳前後と推定する。

サメにまつわる誤解

 オヨス・パディーヤ氏はフェイスブックに、「ディープ・ブルーを初めて目にしたとき、浮かんだ思いはただ一つ、希望でした」と記している。というのも、オヨス・パディーヤ氏もロウ氏も、サメについての知識に加えて今回のような映像が、サメにまつわる誤解の一部を解くのに役立つと考えているからだ。(参考記事:「マグロとホホジロザメに共通する進化の秘密を発見!」

 例えば、ホホジロザメの大多数は人を見るなり接近したり攻撃したりするわけではないとロウ氏は説明する。オヨス・パディーヤ氏の映像では、ディープ・ブルーはケージの最上段にいるダイバーのすぐ横を、のんびりと滑るように通過している。

 同時に、海の頂点捕食者に人間が敬意を払うことも大切だ。「ディズニーランドではないのですから」と、ロウ氏は注意を促す。

 一般の人が参加できるケージダイビングについては論争もあるとロウ氏は説明する。人間が金属製のおりに入ってサメを間近で見るこの方法には、サメの生態を広く知ってもらう効果がある。だが、ダイバーがやる餌にサメが頼るようになったり、人間と食物を関連付けて人間を探すようになったりする危険もある。

 それでも、「一般の人々がサメを見れば見るほど、効果は大きい」と、ロウ氏は考えている。(参考記事:「サメたちの楽園 バハマの海」

【参考】恐ろしくも美しきサメ、フォトギャラリー10選

【参考】動画:ビーチでホホジロザメに囲まれた!

文=Maya Wei-Haas/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加