祝3周年!素晴らしき火星探査フォトギャラリー

2012年8月6日に火星に着陸した「キュリオシティ」のアーカイブから

2015.08.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NASAの2人の技術者が、米国カリフォルニア州パサデナのジェット推進研究所(JPL)で開発された3世代の火星探査車と記念撮影。火星探査車キュリオシティは「車輪のついた実験室として構想されました」とバサバダ氏。(PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH )
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年8月6日、NASAの火星探査車「キュリオシティ」は火星の薄い大気中を降下する「恐怖の7分間」を乗り越え、ゲール・クレーターの中に無事に着陸した。(参考記事:「キュリオシティ「恐怖の7分間」の内幕」

 あれから3年。NASAは現在、2020年に新しい火星探査車を打ち上げるミッションを進めている。新しいローバーには小回りのきくヘリコプターを斥候として付け、岩の多い区域の走行を容易にし、1日あたりの走行距離を伸ばすことが計画されている。ヘリコプターはティッシュ箱ほどの大きさで、ローバーの前を飛び、最適な走行ルートや面白そうな探査地点を探すことになる。(参考記事:「MAVENに続け、各国の火星探査計画」

 キュリオシティはこの3年、ゲール・クレーターの低地を探査してきた。ゲール・クレーターは、かつて火星に生命が存在していたなら、その痕跡が見つかる可能性が最も高いと考えられている場所だ。ローバー・ミッションの副プロジェクトサイエンティストであるアシュウィン・バサバダ氏は、キュリオシティは自動車ほどの大きさの「車輪つき実験室」で、このクレーターの中をすでに11km近く走り、写真を撮影し、サンプルを採集し、岩石を分析してきたという。(参考記事:「探査車が見た火星」

 キュリオシティはこれまでに、ゲール・クレーターの中で最も低い「イエローナイフ湾」というくぼ地の堆積物に、この場所がかつて淡水湖だったことを示す証拠を発見している。当時の火星に生命がいたかどうかは確認できていないものの、水の痕跡や、炭素を含む化合物や栄養分が発見されたことは、生命が存在していた可能性を裏づけている。(参考記事:「宇宙生物学のいま」

 キュリオシティは1年かけて、ゲール・クレーターの真ん中にそびえるシャープ山の麓に到着した。

 シャープ山は岩石の層からなり、高さは5000mを超える。地球のグランドキャニオンの岩石層と同じように、シャープ山の岩石層には「長い時間の記録が刻まれている」と考えられる、とバサバダ氏は言う。科学者たちは、この岩石層を1つずつ調べていくことで、凍った砂漠の生命の歴史を解き明かそうとしている。

 バサバダ氏によると、キュリオシティは科学者に膨大な量の情報をもたらした。一般の人にはあまり知られていない小さな発見もたくさんある。例えば、研究者たちは火星の大気中のメタン濃度の変動を追跡している。このメタン濃度はときに通常の10倍にも跳ね上がることがあるが、理由は不明である。火星の天気や、ゲール・クレーター内の広大な低地を吹き渡る風の流れも観測されている。(参考記事:「火星の「メタンガス噴出」は的外れ?」

 キュリオシティは、着陸から3年が経過した今も健康で、まだまだ長生きしそうだ。バサバダ氏は言う。「キュリオシティの老化は感じていません。未来は大きく広がっています」

旅の始まり

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH
[画像のクリックで拡大表示]

 キュリオシティが火星に着陸して最初に撮影した低解像度写真の1枚。写っているのはキュリオシティ自身の影。

全速前進

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープ山をめざすキュリオシティ。シャープ山の高さはおよそ5500mで、アラスカ州を除いた米国最高峰のホイットニー山より高い。科学者たちは、シャープ山の岩石層を調べることで、火星の生命の歴史が明らかになることを期待している。

名を刻む

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH
[画像のクリックで拡大表示]

 写真上部にキュリオシティの轍が写っている。キュリオシティの車輪には、ジグザグ模様と、ジェット推進研究所の頭文字「JPL」のモールス符号が刻まれていて、このパターンを参考にしてローバーを操縦するようになっている。

初めて見る風景

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/MSSS
[画像のクリックで拡大表示]

 キュリオシティには、火星の表面を調べるためのセンサーや記録装置が多数搭載されている。このカメラの中央部にあるピンク色をした丸いものがキュリオシティの「目」の1つだ。

砂丘のゴミ

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/MSSS
[画像のクリックで拡大表示]

 キュリオシティが「ロックネスト」と呼ばれる岩場で初めて火星の土壌を採集したときに偶然見つけたゴミ。キュリオシティが着陸する際に落とした破片と思われる。採集した土壌を実験装置で加熱したところ、微量の水蒸気を放出した。

火星で自撮り

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/MALIN SPACE SCIENCE SYSTEMS
[画像のクリックで拡大表示]

「ロックネスト」で撮影された55枚の写真を合成したキュリオシティの自撮り写真。

新色

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/MSSS
[画像のクリックで拡大表示]

 キュリオシティの車輪に踏まれた岩石が割れ、驚くほど真っ白な断面が現れた。「ティンティナ」と名づけられたこの岩石中の鉱物には水が含まれていて、火星にかつて豊富な水があったという推測をさらに裏づけることになった。

上空から目を凝らす

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/UNIV. OF ARIZONA
[画像のクリックで拡大表示]

 写真の右下に写っている小さな青い点がキュリオシティ。轍をたどっていくと、ジェット噴射の跡が残る着陸地点に至る。

山あり谷あり

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH

 火星到着から535日目、キュリオシティは「ディンゴギャップ」という高さ1mの砂丘を乗り越えた。火星の岩石は驚くほど鋭いので、キュリオシティの車輪の接地面が急激に磨耗しないように、科学者たちは砂丘のような場所を選んで走らせている。

火星の湖

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/MSSS
[画像のクリックで拡大表示]

 水平な層からなる岩は、古代の湖の端近くにある流れ込みの付近で堆積してできたと科学者たちは考えている。こうした岩石層は、かつて火星に大量の水があったことを示す多くの証拠の1つだ。

時間の流れを歩く

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/MSSS
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープ山の麓にある岩石層の調査は、火星の地質史を解き明かすのに役立つと考えられている。科学者たちは、本のページをめくるように、この山の層を1枚ずつ調べていくつもりだ。

穴があくほど

PHOTOGRAPH BY ASA/JPL-CALTECH/MSSS
[画像のクリックで拡大表示]

 キュリオシティがシャープ山にあけた最初の掘削孔の直径はわずか1.6cm弱だったが、そこには大量の情報が詰まっていた。採集されたサンプルにヘマタイト(赤鉄鉱)という鉄酸化物が含まれていた。このことは、大昔の火星に微生物の餌になるような化学物質が存在していたことを示唆している。

2度目の味見

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/MSSS
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープ山での2回目の掘削は、パーランプ・ヒルズという丘に囲まれた「モハベ」と名づけられた地点で行われた。この頃、科学者たちは、火星の大気中のメタンと岩石中の有機分子を検出したと発表した。

青い夕焼け

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/MSSS/TEXAS A&M UNIV

 2015年4月15日、キュリオシティはゲール・クレーターの縁に沈む夕日を撮影した。火星の夕日が赤ではなく青く見えるのは、大気中に青い光を通しやすい微粒子が多いためだ。

文=Maya Wei-Haas/写真構成=Emily Jan/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加