「青仮面」の新種のクモを発見

派手な求愛ダンスを踊るピーコックスパイダーの新しい仲間

2015.08.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まるで青い仮面をつけたような Maratus personatus 。(Photograph by Jurgen Otto)
[画像のクリックで拡大表示]

 鮮やかな青い仮面に、派手なダンス。このたび新たに仲間に加わったピーコックスパイダー(孔雀のクモ)は今にも夜の街に繰り出しそうだ。

 オーストラリア西部の広大な内陸部で、自然愛好家のデヴィッド・ノウルズ氏が最初にこのクモを見つけたのはおよそ20年前のこと。だが、クモの専門誌「Peckhamia」に Maratus personatus として公式に新種として記載されたのは先々週だった。(参考記事:「クジャクみたいに派手なクモの新種、3種を発見」

「personatus」とは、学名に使われるラテン語では「仮面」を意味し、オスの顔の一画を仮面のように覆う青い毛にちなんで付けられた。 今回の論文の共著者で、ハエトリグモの研究団体である英ペッカム協会の編集者デイビッド・ヒル氏は、 M. personatus は他のピーコックスパイダーと比べて「とても変わっています」と述べている。

 たとえば、M. personatus のメスの生殖器は形も大きさもさまざまに異なるが、他のメスでは一般的に同じ構造をしている。

柔軟な求愛行動

 現在、50種を超えるピーコックスパイダーが知られている。オスが鮮やかな色をしていて、アクロバッティックな求愛ダンスを踊ることで有名だ。

ピーコックスパイダーのオスの動きを見てみよう

 青、黄色、赤などのカラフルな配色は「まるで極楽鳥のように手が込んでいます」とヒル氏はいう。

 同氏によると、メスが近くにいると、オスは3対目の脚を宙に振り上げて素早く動かし、メスの注意を引こうとする。

 ほとんどのピーコックスパイダーのオスは、さらに羽のような体の一部を腹部から広げ、頭上で振り回す。しかし、今回発見された新種は他の種よりもシャイなのか、そうした求愛ディスプレーはしない。

 とはいえ、他の仲間と同様、 M. personatus もとても活発だ。メスは交尾の間、腹部を実際に180度も回転させる。

「惜しみなく愛は与う」とはこのことだろう。

文=Maya Wei-Haas/訳=キーツマン智香

  • このエントリーをはてなブックマークに追加