殺されたライオン「セシル」が愛された理由

セシルの死はなぜこれほどまでに世界の人々を悲しませるのか

2015.08.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メスと過ごすセシル。黒く長い豊かなたてがみを持つ堂々たるこの百獣の王は人を恐れないことでも知られていた。(Photograph by Brent Stapelkamp)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジンバブエ、ワンゲ国立公園で10年以上にわたって注目を集めたライオンがいた。訪れた観光客は、ライオンの中である1頭が際立っていることに気が付く。黒く長い豊かなたてがみを持つ、堂々たる体格のオスだ。観光客の間で人気となり、「セシル」という名前が付くまでになった。 

 このところ、セシルの射殺に対し世界的に非難が高まっている。そんなライオンは知らないという人を探すのが難しいほどだ。(参考記事:「なぜライオンは今も狩猟の対象なのか?」

 だが、ライオンはこれまでにも趣味の狩猟(トロフィーハンティング)によって殺されてきたし、同じことが今後も続く可能性が高い。では、セシルの死はなぜこれほどまでに世界の人々を悲しませているのだろうか。

「セシルは究極のライオンでした」と語るのは、英国オックスフォード大学野生生物保護調査ユニット(WildCRU)の研究者で、セシルを誰よりもよく知るであろうブレント・ステープルカンプ氏だ。「私たち人間がライオンに抱くイメージを全て備えていました。大きく、強く、そして威厳がありました」

 セシルは人間にも近い存在だった。1999年以来、セシルとその群れはオックスフォード大学による研究プロジェクトの対象となっている。ステープルカンプ氏は2008年からセシルを研究してきた。

 実際のところ、セシルがサファリツアーの観光客にここまで親しまれた理由の1つは、人に慣れた振る舞いだった。

 ステープルカンプ氏は、セシルは自動車が近づいても気にしなかったと振り返る。約10メートルの距離まで接近を許したこともあり、「写真撮影や研究が非常にしやすかった」という。

ライオンが教えてくれること

 ステープルカンプ氏はある時、セシルが群れのライオン約20頭とともにゾウの死骸を食べているのを目にした。観察にはもってこいの機会で、500枚以上の写真を撮った。

 撮影の機会を与えてくれただけではない。

「セシルを始めとするライオンにGPS首輪を着けることで、自然環境でのライオンとその行動について非常に多くの発見がありました」とステープルカンプ氏。(参考記事:特集「ライオン 生と死の平原」

 例えば、ワンゲ国立公園に暮らすライオンの追跡により、彼らの中に長い距離を歩き回る者がいることが分かった。川が行く手をふさぐときには、泳いで渡ることさえあったのだ。

 ステープルカンプ氏によれば、WildCRUが首輪を着けたライオンのうち、ある1頭はワンゲ国立公園から240キロも移動し、国境の向こうにあるザンビアの都市リビングストンに入っていたという。このライオンは、激流で知られるザンベジ川を泳いで渡ったようだ。

 WildCRUはこうした調査を通じ、動物が野生環境の中で直面する脅威をより深く理解したり、それらを緩和する方法を見つけることを目指している。

 また、WildCRUは密猟阻止チーム、動物保護をテーマにした地元の演劇グループ、そして子どもたちを対象にした教育キャンペーンも運営している。(参考記事:「【動画】サーカスのライオン、初めての芝に感動」

危ぶまれる保護への影響

 ナショナル ジオグラフィック協会の「ビッグキャッツ イニシアティブ(Big Cats Initiative)」の責任者ルーク・ダラー氏は、セシルが珍しく名前の付いたライオンだったことから、記憶に残っていたと話す。(参考記事:特集「ライオンと生きる」

 セシルのように有名になった動物に対しては、「人間も感情移入しやすく、いくつもの物語が伝わるようになります。それによってさらに人々の関心が高まり、観光客が増えます」とダラー氏。

 サファリツアーに参加する観光客の間で、ライオンは常に一番人気だ。中でも象徴的な地位にあったセシルは、1頭だけで数十万ドルの観光収入を生み出すのに貢献していたと考えられる。

「セシルは死んでしまいましたが、大型ネコ科動物の保護への関心を世界中で呼び起こした価値は計り知れません」とダラー氏。

 一方、危機感もある。「アフリカにはジンバブエなど、大型のネコ科動物を簡単に見られる国々や公園があります。しかし、今回の射殺のような出来事によって、このような場所へ観光やエコツーリズムに行こうと考えていた人が取りやめてしまうかもしれない。それが最大の懸念です」とダラー氏は言う。

「そうなれば、野生動物を保護する経済的な根拠が非常に乏しくなるかもしれません」(参考記事:「ゾウを殺してゾウを保護するという矛盾」

【追悼】セシル・ザ・ライオン写真集
詳しくはこちら(Photograph by Brent Stapelkamp)

文=Jason Bittel/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加