【動画】サイの背に乗るジャコウネコ、目的は?

ネットで話題の珍しい動画について、専門家に話を聞いた。

2015.07.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイの背に乗るジャコウネコの姿がビデオに収められたのはこれが初。

 動物に乗る動物の物語はまだまだ続く。

 今回の勇者はジャコウネコ――マングースの近縁種――で、南アフリカのやぶを移動するクロサイの背中に乗っている。(参考記事:「ワシの背中にカラスが! なぜこんなことに?」「ワニに乗ったアライグマ、写真は本物?」「キツツキに乗って空を飛ぶイタチ、写真は本物?」

 ジャコウネコとサイのこの非常にめずらしい夜の邂逅は、アフリカの自然保護団体「ワイルドライフ・アクト」と「エゼンベロ・KZN・ワイルドライフ」のボランティアスタッフがカメラトラップ(自動撮影装置)を使って撮影し、動画サイト「YouTube」で公開した。

 他の動物の背中を借りて「ヒッチハイク」をするジャコウネコが確認されたのは初めてではない。2014年には、今回と同じチームがシロサイで1度、アフリカスイギュウで2度、背中に乗るジャコウネコを撮影している。この風変わりな組み合わせに触発され、ツイッター上にはサイの背に乗るネコが運営しているという体の「ジェネット・ジャクソン」というアカウントまで登場した(訳注:ジャコウネコの英語名は「genet(ジェネット)」)。

 アフリカ野生生物基金の副会長を務める、野生生物学者のクレイグ・ショリー氏は、ジャコウネコが大型の草食動物の上に乗るのはおそらく、餌を探すためだろうと語る。

 彼らはサイが歩くときに草の中から追い出されてくる昆虫を狙っており、これはサギが草をはむ哺乳動物の背中に乗るのと同じ手法だ。ジャコウネコはまた、サイやスイギュウに取り付いたダニを目当てにしている可能性もあるという。

 樹上で暮らす夜行性のジャコウネコにとって、サイの背中の上は、フンコロガシからアンテロープの子どもまで、好みの獲物を探すのに都合がいいのだろう。

 動きのゆったりとした大きな動物の背中に乗るというのは、狩りの手法としては実にすぐれている。

 今回の動画に映っているサイは、ふいに体をよじって駆け出し、ジャコウネコはまるでロデオのように背中にしがみついて鳴き声を上げている。「あれは、サイがもう嫌だと言っているように見えました」とショリー氏は言う。

 それでも体の大きなサイが便利な乗り物として役に立ってくれる限り、ジャコウネコはまた背中に乗ることだろう。

「たしかに滅多にお目にかかれない場面ではありますが、私はもはや、自然界でどんなことが起ころうとも意外だとは思いません」とショリー氏。「だからこそ、何度でもアフリカを訪ねるのです」

文=Greta Weber/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加