米国で狭小住宅がブーム?!

サイズは米国の平均的な住宅の7分の1~24分の1、熱狂的なファンが増加

2015.07.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国モンタナ州東部で、狭小住宅「ピナフォー」の前でポーズを取るアベル・ジマーマン・ザイル。ピナフォーの設計者で、ワシントン州に拠点を置く住宅メーカー、ザイル・バルドス社の社長だ。完成した住宅をメリーランド州の客に届けに行く。(Photograph by Abel Zimmerman Zyl, Zyl Vardos)
[画像のクリックで拡大表示]

 広い住宅が当たり前の米国で、近年、狭小住宅が脚光を浴びている。そのブームたるや熱狂的で、書籍やブログ、住宅メーカーを刺激しているのはもちろんのこと、狭小住宅をテーマにしたテレビ番組や映画も制作、展示会も開催されている。2015年8月には、コロラド州のコロラド・スプリングスで「タイニー・ハウス・ジャンボリー」というイベントまで開催される。

 米国の核家族が暮らす平均的な住宅の面積は、約820平方メートル。対して、典型的な狭小住宅は約30~120平方メートルだ。ビッグマックや大型SUV車、豪邸など大きいものに価値を見いだす米国で、狭小住宅が注目されるのにはそれなりのワケがある。狭小住宅は、実利的なのだ。コストは安上がりだし、消費エネルギーも、米国の平均的な住宅に比べれば微々たる量だ。

 魅力はそれだけではない。典型的な狭小住宅なら、30年ローンの重圧とは無縁なので、ローン返済のためにいやいや働く必要がなく、自分らしい生き方ができる。しかも、機能も充実している。小さな本体に多機能を搭載したiPhoneやスイスアーミーナイフが住宅になったようなものだ。

しゃれたワンルーム:ザイル・バルドス社が販売する狭小住宅「ピナフォー」の内部。キッチン兼リビングの上にロフトを設置し、寝室にしている。(Photograph by Guillaume Dutilh)
[画像のクリックで拡大表示]

「自分で建てることもできます」と語るのは、車輪付き狭小住宅メーカーとして急成長中のタンブルウィード・タイニー・ホームズ社事業部長、ロス・ベック氏だ。カリフォルニア州に拠点を置く同社は、5万7000~6万9000ドルの4種類の住宅を販売するほか、2日間のDIYセミナーも開いている。

 顧客の中には、大学を出たばかりの若者もいて、多くは就職先が決まっていないか、多額の借金を抱えるかしている。「彼らは家財道具をあまり持ちたがらないんです」。ベック氏によれば、彼らは、携帯端末に図書館並みの蔵書を保存し、めったに使わないものは買わずにレンタルで済ませる傾向があるという。住宅バブルの崩壊や世界同時不況を目の当たりにしているので、「制度が安全だと思っていないんです……社会保障制度を信用していないんですよ」と付け加えた。

ベイスギの山小屋:ケビン・リーデルがバージニア州リッチモンドに建てた山小屋風の車輪付き住宅は、広さ約40平方メートル。トレーラー込みで、費用は2万ドルほど。L字型キッチンとバスルームの上にあるロフト部分が寝室だ。(Photograph by Mike Morgan, The Washington Post/Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加