【動画】絡み合うタコの「会話」を初めてとらえた

足を広げ、体をまくり上げる派手なアクションで意思表示

2015.07.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コモンシドニーオクトパスが絡み合う映像。オーストラリア南東部で撮影された。
Video courtesy Peter Godfrey-Smith, City University of New York and University of Sydney; David Scheel, Alaska Pacific University; Stefan Linquist, University of Guelph, Ontario, Canada; Matt Lawrence

 仁王立ちして、足を大きく広げ、体の色を変える。タコは敵を威嚇するとき、こうした行動を取るとされている。

 科学者の間では、タコは互いにほとんどコミュニケーションを取らないと最近まで考えられてきた。交尾のとき以外はほぼ単独行動を取るタコが、体色や体表面の凹凸、模様を変えるのは、相手に何かを伝えるというよりも、敵から身を隠すためとされていた。(参考記事:「新種の社会性タコ、研究は困難続き」

 しかし、このたび新たに撮影された映像により、マダコの仲間のコモンシドニーオクトパス(学名:Octopus tetricus) は、戦うか逃げるかを敵に合図するらしいことが明らかになった。

 これは米アラスカパシフィック大学の海洋生物学者、デヴィッド・シール氏のチームがオーストラリア南東部でとらえた映像だ。戦うタコ同士が相手に自分の意思を伝えていることを示す初めての証拠である。(参考記事:「【動画】ココナツの殻を運ぶタコの動画で話題沸騰」

闘争か逃走かを意思表示

「グルーミー(「暗い」の意)オクトパス」の別称を持つコモンシドニーオクトパスは、 基本的に単独で行動する生物だとされていた。交尾が終わると、メスがオスを食べてしまうことも多い。

 そのため、コモンシドニーオクトパスが定期的に交流しているらしいことに研究者らは驚いた。

「2匹のタコが出会うと、大きい方の個体が小さい方を食べてしまうと考えられていました。でも頻繁に接触するのなら、そのたびに共食いをするわけにはいきません」。米アラスカ州アンカレッジで開かれた動物行動学会で、今回発表したシール氏はそう語った。

 タコにとっても、接触するたびに争う代わりに、相手と戦うか衝突を避けるかの意図を互いに伝え合う方が理にかなっているのではないかと思えるが、今回の発見はそれを裏付けるものだ。

 シール氏のチームは、タコが相手に近づき、追いかけ、組み合うといった タコ同士の積極的な行動を広範囲に観察した。観察した中で、本格的なケンカになったのはごく一部に過ぎなかった。

 タコは意図を相手に伝えるため、足を大きく広げる、立ち上がる、 内臓を覆う外套膜をかぶとのように目より高い位置まで持ち上げる、高いところに登るなど、様々な目立つ行動を取っていた。(参考記事:「タコの腕はなぜ絡まってしまわないのか」

 また、行動によってタコの体色は変化した。攻撃的なタコはより濃くなり、逃避しようとするタコはより薄い色になる傾向がみられた。(参考記事:「【動画】電光石火、カニを奇襲するタコ」

「もし一方が攻撃の意図を示し、もう一方が逃避の意図を見せれば接触はそこで終わりですが、双方とも戦う意図を示せば、激しいケンカに発展する場合が多いです」とシール氏は述べた。

意図的か否か

 米モントレー湾水族館研究所の上級研究技官であるクリスティーヌ・ハファード氏によると、こうしたタコのボディランゲージは他の種でも見られる可能性が高いという。同氏は今回の研究には参加していない。(参考記事:「タコが写真を撮る動画が話題に」

「別の種のタコにも同様の行動が見られるかどうかも興味深いですし、そのメカニズムについても研究が進むのを期待します。コモンシドニーオクトパスのこの行動が意図的なものなのか、それとも生理的な反応なのかを区別するのは難しいものです。私たち人間も顔が赤くなることがありますが、恥ずかしいということを相手に伝えるために体にそうしろと命令しているわけではありません。無意識にそうなるのです」と同氏は説明する。

 タコのこうした行動は無駄な戦いを避けるためだというシール氏らの見解に、ハファード氏も同意している。

 タコ同士が戦うと、大抵の場合、大きい方の個体が勝つことになる。

「負けると最初からわかっていて、足をもぎとられたりしたくなければ、誰でも戦う気はないと敵に知らせるものです」

文= Mary Bates/訳=キーツマン智香

  • このエントリーをはてなブックマークに追加