傷だらけ、中国に輸入されたゾウの惨状を撮影

検疫施設に入れられた子ゾウたちの現実を、中国のNGOが告発

2015.07.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国広東省の検疫施設に入れられた、4~7歳とみられる雌の子ゾウ。「背骨が浮き出て見えるので、栄養不足だろう」と、ゾウの専門家ジョイス・プール氏は話す。(Photograph by Chunmei Hu, Nature University)
[画像のクリックで拡大表示]

 栄養状態が悪く、顔面がこけ、傷だらけの子ゾウたち。7月に中国広東省の検疫施設で撮影したという一連の写真を、ナショナル ジオグラフィックが独占入手した。数カ月前にジンバブエで捕獲され、最近中国に空輸されてきたゾウだという。

「この子ゾウたちは、かなりひどい状態に見えます」と、ケニアに拠点を置く調査保護団体「エレファントボイス」の共同創立者ジョイス・プール氏は言う。

「私はこれまでに少なくとも23頭のゾウを見ました」と語るのは撮影者であるフー・チュンメイ氏。北京を拠点とする環境保護NGO「自然大学」のプロジェクト・マネージャーだ。「大半のゾウは傷を負っています」

顔と耳に見える白い斑点は、寝ている間にコンクリートの床に体をこすりつけてできたのだろう。(Photograph by Chunmei Hu, Nature University)
[画像のクリックで拡大表示]

 先月、自然保護活動家からナショナル ジオグラフィックに、中国人の一団がジンバブエのワンゲ国立公園でゾウを輸出する準備を進めているという連絡があった。2014年11月以降、この国立公園では何十頭ものゾウが捕獲されている。

 中国がジンバブエからゾウを輸入することは、ワシントン条約(CITES:絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)で認められている。ワシントン条約のジョン・スキャンロン事務局長は、今年7月に24頭のゾウが中国へ輸出されたことを確認した、と声明を発表。それによると、ゾウの輸出先は中国広東省にある巨大サファリパーク「長隆野生動物世界」だという。(参考記事:「売られる野生動物」

5~7歳の2頭の雌。健康状態が悪そうだ、とプール氏は言う。「後ろのゾウには、背中から後ろ脚にかけて無数の小さな傷が見える」(Photograph by Chunmei Hu, Nature University)
[画像のクリックで拡大表示]

 ゾウの輸出については、これまでも世界中の保護団体が非難してきた。情愛深く、助け合いの精神をもち、知能が高いことで知られるゾウを、仲間と引き離し、牢獄同然の動物園やサファリパークに閉じ込めるのは残酷だと、彼らは主張する。

 一方、ジンバブエは、海外へのゾウの輸出を増やすと今年発表していた。

なぜ傷ができたのか

 プール氏によると、ゾウたちはほとんどが4歳前後で、ほお骨が浮き上がり、皮膚につやがなく、斑点があり、健康状態が悪いことが見て取れるという。おまけに、傷だらけだ。

 人間に傷つけられた可能性もあるが、ゾウ同士の小競り合いや輸送中に傷ついた可能性もあると、プール氏は話す。

検疫施設にいる子ゾウたちは、最近ジンバブエから輸入されてきたとみられる。(Photograph by Chunmei Hu, Nature University)
[画像のクリックで拡大表示]

 傷の多くは「突き棒でできる傷と同じだ」とプール氏は話す。突き棒は、ゾウの移送時やしつけに使うことがある(金属製のかぎ爪が付いていて、ゾウの調教に使われることが多い)。

 「原因が何にせよ、体中に大小の傷がいくつもあるので、所有者や飼育係は責任を負うべきだ」とプール氏は言う。

 検疫施設や、ワシントン条約を所管する担当省庁に取材を申し込んでいるが、これまでのところ応答はない。

「この雌は栄養失調で、傷を負っている」とプール氏は話す。「ほお骨が飛び出し、口元がこけている。皮膚の状態はかなりひどく、変色し、乾燥している。大小の傷が体中にいくつもできている」(Photograph by Chunmei Hu, Nature University)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国テネシー州に拠点を置くゾウの保護団体「グローバル・サンクチュアリ・フォー・エレファント」の最高責任者スコット・ブレーズ氏は写真を見て、傷の主な原因は突き棒ではないと語った。「傷の多くは、ふつう棒を当てない部分にできていますし、すり傷が突き棒でできるとは考えにくいですね」

 何週間も前にできたような傷や深い傷もあるので、仲間との小競り合いでできたのではないか、とブレーズ氏は推測する。

柵越しに雌に鼻を伸ばす雄。どちらも4歳前後だろう、とプール氏は推測する。(Photograph by Chunmei Hu, Nature University)
[画像のクリックで拡大表示]

 このゾウたちはこの先何年かはやたらに攻撃的になるだろう、とブレーズ氏は話す。「このゾウたちは、互いに思いやる気持ちを忘れかけています。それは通常なら欠かせない要素です」(参考記事:「【動画】かわいい!戯れる赤ちゃんゾウ」

 「(まだ幼い)このゾウたちには、なぐさめてくれる保護者が必要です」とブレーズ氏は言う。檻の中の環境では「情緒的にも、精神的にも、肉体的にも健全な発育が期待できません。ゾウとして存在するために必要な要素を、すべて人間が奪っているのです」(参考記事:「みなしごゾウを育てる」

5頭はいずれも健康状態が悪く見える、とプール氏は言う。「うち数頭は、ほかのゾウよりひどそうだ」(Photograph by Chunmei Hu, Nature University)
[画像のクリックで拡大表示]
この雄の鼻は「異常に細い」とプール氏は話す。「筋肉が萎縮しているのだろう。小さな傷もある」(Photograph by Chunmei Hu, Nature University)
[画像のクリックで拡大表示]
この殺風景な檻には、写真の6頭のほかに、20頭近くが入れられている。この状態がいつまで続くかはわからない。(Photograph by Chunmei Hu, Nature University)
[画像のクリックで拡大表示]
5~6歳の雌。「頭の両側がくぼみ、ほお骨が浮き出ている」とプール氏は話す。「体の側面には無数の傷がある」(Photograph by Chunmei Hu, Nature University)
[画像のクリックで拡大表示]

文=Christina Russo/訳=倉田真木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加