ワシの背中にカラスが! なぜこんなことに?

カラスのねらいを鳥類の専門家に聞いた

2015.07.03
ワシの上でホバリングするカラス。専門家によれば、おそらく攻撃の真っ最中だという。(PHOTOGRAPH BY PHOO CHAN, MEDIA DRUM WORLD)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国カリフォルニア州を拠点に活動する写真家プー・チャン氏が、飛んでいるハクトウワシの背中でくつろぐカラスを写真に収めた。いったい何のために乗ったのか。専門家に聞いた。(参考記事:「命を失わずに野生動物の傑作写真を撮る方法」

 米コーネル大学鳥類学研究所でカラスの行動を研究するケビン・マッゴーワン氏は、背中に乗ることができるほど近づいていたということは、おそらく攻撃するつもりだったのだろうと分析する。

カラスに乗られてもワシは気に留めない。(PHOTOGRAPH BY PHOO CHAN, MEDIA DRUM WORLD)
[画像のクリックで拡大表示]

 鳥は縄張り意識が強い。子育て中の夏は特にその傾向が強まる。また、カラスほか多くの鳥は、ナポレオン・コンプレックスを持つようだ。つまり、自分より体の大きな鳥が現れただけで妨害しようとする。通常、縄張り意識の強い鳥同士がこんなに近づきすぎることはないが、写真のカラスは気づいたらワシが風よけになっていて、ついでに乗せてもらおうと思ったのだろうと、マッゴーワン氏は説明する。

「車を追いかける犬が、つい跳び乗ってしまうようなものです。犬は車に追いつきたいと思いながらも、実際に追いついたらどうすればいいかわからなくなるのです」

風の微妙な変化に合わせて翼を動かすカラス。(PHOTOGRAPH BY PHOO CHAN, MEDIA DRUM WORLD)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、なぜワシはカラスに乗られても反応しなかったのだろう? カラスがくちばしで攻撃してこないため、ワシは気にも留めなかったのだ。猛禽類で最も体が大きいワシは、あらゆる鳥から絶えず攻撃を受けている。

 そのため、写真が本物かどうかについて疑問をはさむ余地はほとんどない。「特に驚くことではない」と、マッゴーワン氏は感想を述べている。

 ナショナル ジオグラフィックで写真編集に携わるマロリー・ベネディクトも、チャン氏は一部始終を写真に収めているため、現実に起きた出来事の証拠として十分だと考えている。

再び飛び立つ前にひと休み。(PHOTOGRAPH BY PHOO CHAN, MEDIA DRUM WORLD)
[画像のクリックで拡大表示]

参考記事:「キツツキに乗って空を飛ぶイタチ、写真は本物?」

【参考記事】ワニの背中に乗ったアライグマ、写真は本物?

文=Maya Wei-Haas/訳=米井香織