「電気があると睡眠時間が減る」は本当か

実施困難な実生活での比較調査が南米の狩猟採集民で行われた

2015.06.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハンモックに揺られて眠るトバ・クオムの赤ちゃん
[画像のクリックで拡大表示]

 電灯がなければもっと長く眠れるだろうと推測するのはたやすい。だが、ほとんど全世界で電力が供給されている現代において、実生活におけるその違いを検証することは極めて困難だ。そんな中、ある研究チームが、アルゼンチンの田舎に暮らす先住民の電気を使う集団と使わない集団を調査。電気を使う集団では、使わない集団よりも睡眠時間が短くなることが確認された。

 調査対象となったのは、アルゼンチン北東部のチャコ地方で狩猟採集生活を営む先住民「トバ・クオム」の2つの集団だ。もともと電気のない生活をしていたが、1990年代初めに1つの集団が分かれて50キロほど移動し、電気が供給されている町の外れに住み着いた。

 電力の有無を除けば、2つの集団の生活はほぼ変わらない。この地域には仕事がほとんどないため、いずれも自給自足と政府の補助で生活している。いまでも多くの家族が集まって食事をし、食べ物はみなほぼ共通だ。

 2012年と2013年の4週間、睡眠研究者ホラシオ・デ・ラ・イグレシア氏と、米ハーバード大学、米イェール大学の研究者らがトバ・クオムを訪ね、活動の程度と環境光の明るさを測る腕時計型の機器を付けてもらった。また、食事を持ち込んで彼ら先住民と歓談したりもした。

 その成果が、このほど「ジャーナル・オブ・バイオロジカル・リズムズ」誌に掲載された。それによると、電気を使う集団は使わない集団よりも、睡眠時間が平均で1時間短かった。どちらの集団も目覚まし時計は使わずにおおむね同じ時刻に起きていた一方、電気を使う集団の人々は就寝時間が遅くなったり、使わない集団よりもばらつきが大きくなったりした。

 ハーバード大学医学大学院、米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院の睡眠研究者で、今回の研究を手伝ったチャールズ・ツァイスラー博士は、夕方に人工の光を浴びると体内時計が狂うことがあると説明する。(参考記事:「体内時計25時間はウソだった!」

「一般的には夕暮れの直前に元気になり、強い覚醒状態になります」とツァイスラー氏。暗闇の中で「しっかり身を守る」必要があった時代には、これが進化上有利に働いた。しかし、この時間に光を浴びると「元気回復タイム」が後ろにずれてしまうため、電気を使う集団では就寝時間が遅くなった可能性がある。(参考記事:「「睡眠禁止ゾーン」って何?」

 今回の研究では、どちらの集団も冬の期間は睡眠時間が45分長くなることも分かった。亜熱帯に含まれるこの地方では、冬は日照時間が約2時間半短くなる。

 また、トバ・クオム族の人々の多くは1晩中ずっと眠っていた。しかし、電気を使わない集団では月夜には夜中に目が覚めてしばらく起きているなど、睡眠の質が低下することも判明。月の光で夜が普段より明るくなった影響と考えられた。米バージニア工科大学のロジャー・イーカーチ氏は、産業革命以前の人々は睡眠を2回に分けており、深夜に目覚めて数時間活動し、また眠るというサイクルだったことを歴史的研究で示している。(参考記事:「眠りの神秘」

 米スタンフォード大学の睡眠研究者で、今回の研究には関わっていないジェイミー・ザイツァー氏は、睡眠時間を変化させた決定的な要因が人工照明だったという確信は持てないと話した。ザイツァー氏によれば、夜に照明があれば覚醒は強まりうるが、照明で読書やゲームができるようになるために夜更かしになったとも考えられる。つまり、照明自体はむしろ間接的な原因かもしれないという。

 今回の研究は、睡眠の違いが2集団の生活に及ぼす影響までは扱っていない。過去の別の研究では、1晩当たりの睡眠時間を1時間減らした生活を1週間続けると日中のパフォーマンスが下がるという結果を示している。

 ザイツァー氏は、何より研究すべきは長期的影響だと指摘した。電気を使わない集団では使う集団に比べて、糖尿病や心血管疾患などの発症率が低くなるか、といったことだ。(参考記事:「不眠症の男性は早死にしやすい?」

 デ・ラ・イグレシア氏は、今後の研究ではこうした疑問にも答えていきたいと語っている。

 彼自身、アルゼンチンでの実地調査中は小規模な発電機が止まってしまう午後9時までしか電気が使えず、シアトルでの都市生活とは大きなギャップがあった。これまでよりずっと早くベッドに入ったことで、イグレシア氏いわく、朝が「全く新しい意味をもつようになった」そうだ。

文=Karen Weintraub/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加