巨大魚ウバザメが網に、まるで古代生物

体長6.3メートル、オーストラリア海域では80年ぶり

2015.06.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スコットランド沖で撮影されたウバザメ。(Photograph by Lawson Wood, Corbis)
[画像のクリックで拡大表示]

 恐竜時代から抜け出してきたような姿の巨大な魚、ウバザメ(学名:Cetorhinus maximus)が今月、オーストラリア沖で漁師によって引き揚げられた。この海域で捕獲されたのは80年ぶり。

 ウバザメは、魚類の中ではジンベエザメに次いで世界で2番目に大きな魚だ。今回見つかった個体は体長6.3メートル。オーストラリア南西部ポートランド沖で、トロール漁船の網に偶然引っかかった。

 オーストラリアのビクトリア博物館によると、同国沖でウバザメが目撃されたのは過去160年間でわずか3回のみ。最後に捕獲されたのは、1930年代のことだった。(参考記事:「サメを海から引き揚げるネコの写真が話題に」

巨体だが穏やかな性格

 ウバザメは体長が12メートルに達することもあり、穏やかな性格で知られている。英語の「basking (日光浴をする) shark」という名は、しばしば水面近くで餌を探している姿を目撃されることからつけられた。

 ウバザメは、カイアシやエビなど小さな獲物を濾過して食べるが、水面近くで餌が少なくなると、水深1000メートルまで潜ることもある。体に取り付けたタグを人工衛星で追跡したところ、そのまま数カ月も海底にとどまっていた記録がある。(参考記事:「群れで狩りをするシャチの知性」


 米海洋大気局(NOAA)でウバザメの研究をしている生物学者ハイディ・デュワー氏によれば、ウバザメが世界の海にどのように分布しているかは、あまり知られていない。

 長距離を回遊すると考えられているが、「通常は、もう少し温暖な海で見られます」という。熱帯や亜熱帯の海では、高い水温を嫌うためか、水面近くをうろついていることはほとんどない。

サメの起源は4億5000万年前

 ウバザメは、過去数十年間で減少傾向にあり、NOAAの作成する「懸念される種(絶滅危惧種保護法に指定されるには至らない種)」のリストに載っている。カナダでは絶滅危惧種に指定されているほか、EU(欧州連合)などでも保護されているが、フカヒレスープの材料となる大きなヒレを目的に、違法業者に狙われることも多い。

 ジンベエザメも、ウバザメと同じく濾過摂食を行うが、両者はそれほど近縁というわけではない。サメの起源は古く、恐竜の時代よりもさらに前、4億5000万年前から海を泳ぎまわってきた。「確かに、ウバザメは先史時代の生物のような姿をしています」とデュワー氏は語る。(参考記事:「深海のサメ、ラブカが網にかかる」


世界最大の魚類ジンベエザメ。だが餌のサイズは世界最小クラスだ。

文=Brian Clark Howard/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加