ワニに乗ったアライグマ、写真は本物?

生物学者と画像専門家に聞いた

2015.06.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Photograph by Richard Jones
[画像のクリックで拡大表示]

 アライグマがワニの背中に乗っている写真がインターネットで話題を呼んでいる。まるでヒッチハイクをしているかのようなワンシーンだが、この写真は本物なのだろうか。

 この写真を撮ったという米国フロリダ州在住のリチャード・ジョーンズ氏はナショナル ジオグラフィックの取材に対し、「本物」と答えている。一方、生物学者や写真家の中には実際の光景なのか疑義を呈する人もいる。

 写真が撮影されたのは6月14日。ジョーンズ氏が複数の地元メディアに伝えたところによると、フロリダ州中部にあるオカラ国立森林公園を家族で散歩していたときに撮ったものという。ジョーンズ氏は電子メールでの取材に対し、彼の息子がアライグマを驚かせてしまったらしく、慌てて走り出したアライグマは、近くを流れるオクラワハ川を泳いでいたワニの背に飛び乗ったと語った。(参考記事:「命や手足を失わずに野生動物の傑作写真を撮る方法」

「写真を疑っている人たちは、フロリダの自然の中で過ごしたことがないのでしょう」とジョーンズ氏。「沼地にいる動物はみなそうですが、ワニとアライグマの接触もしょっちゅう見られます」

 とはいえ、彼らの接触はディズニー映画のようなほのぼのしたものでは決してない。フロリダ州魚類野生生物保護委員会、ワニ管理プログラムの生物学者ジェイソン・ウォラー氏によれば、通常この2種は捕食し合う関係にあるという。

 アライグマはワニの卵や幼体を食べ、大きくなったワニはアライグマの子も成体も捕食する。

 したがってこの写真はワニとアライグマのどちらにとっても考えにくい光景であり、疑わしいというのがウォラー氏の見方だ。

普通はみられない行動?

 ウォラー氏は、「一般にアライグマが川や沼の近くで何かに驚いたら、林の中を逃げていくか、木に登るでしょう」と話す。「普通は水に落ちるのを避けようとするからです」

 加えて、ワニは用心深く、触れられると激しく体をばたつかせるとウォラー氏は指摘した。「ある動物がワニの背に乗って、ワニが気にせずそのまま泳ぎ続けるというのはかなり珍しいことです」(参考記事:フォトギャラリー「復活するワニの楽園」

 フロリダ州立大学の生物学教授ジョセフ・トラビス氏は電子メールで、「このアライグマが本当にワニの背に飛び乗ったのだとしたら、おそらく偶然だったのでしょう」と語った。「想像するに、ワニの背中が川に突き出た泥の陸地のように見えて、アライグマはその上に飛び乗ったのかもしれません」

 撮影したジョーンズ氏によれば、ほんのわずかな間の出来事だったという。「ワニは静かに水中に潜っていき、アライグマは岸に戻りました」

合成の可能性は?

 この写真が人為的に合成された可能性はないのか、ダートマス大学のコンピュータサイエンス教授ハニー・ファリド氏に見てもらった。ファリド氏は今年3月、イタチがキツツキに抱き付いて空を飛ぶ写真がネット上で話題になったときにも写真の真偽を分析している。(参考記事:「キツツキに乗って空を飛ぶイタチ、写真はホンモノ?」

 ファリド氏は、アライグマ、ワニ、周囲の水面と樹木への光の当たり方は、太陽光に照らされる一場面としておかしな点はないと思われ、合成ではなさそうだと話した。「水面に映ったアライグマに木の枝が重なった様子を合成で作るのはかなり難しいはずです」

 ナショナル ジオグラフィックのアシスタント・フォトエディター、マロリー・ベネディクトも同意見だ。「アライグマの背中への光の当たり方と、手前の木などの影は、いずれも光源の方向と一致している」という。

 両氏とも人為的な合成の跡はないとしているが、偽写真でないとは言いきれない。2匹を別の角度から撮ったカットが複数あれば、2人とも本物だと考えるかもしれないが、ジョーンズ氏がメディアに提供したのは今のところこの1枚だけだ。

 地元紙「オカラ・スター・バナー」は当初、この写真の掲載を見合わせた。真偽が疑わしかったからだ。

「アライグマの比率に違和感がある。ワニに対して大きすぎる」。14日夜、同紙は写真に対する見解をウェブサイトに掲載。「拡大してもアライグマに足首から先があるのかどうか分からない。アライグマの姿勢も不自然で、剥製のように見える」と疑問点を列挙した。

 州の生物学者ウォラー氏は、「もし本物だとすれば、間違いなく生涯に一度撮れるかどうかという一枚ですね」と評している。


【動画】なぜか進んでバケツに入るアライグマ

文=Greta Weber/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加