「災害は続く」、ネパールの元幼女の生き神が懸念

地震の前の凶兆としきたりの理由

2015.06.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年3月23日、参拝者との対面を待つ12歳のチャニラ・ヴァジュラチャリヤ。チャニラは5歳のとき、ネパールの古都パタンの生き神「クマリ」に選ばれた。10年後、初潮を迎えると慣習に従い退任した。参考:特集「クマリ ネパールの生きた女神」
[画像のクリックで拡大表示]

 19歳のチャニラ・ヴァジュラチャリヤは、かつて母国ネパールで「生き神」としてあがめられていた。彼女にとって、4月に国を襲った地震は警鐘に思えるという。

「今は多くの祈りと、許しを請う儀式が必要です」。5月初め、チャニラはこう語った。「人々は愚かな振る舞いをやめ、最も大切なことに集中しなければなりません。何が大事か思い出し、心からの祈りを始めなければ」

 ネパールの人々にとって、愛する人、家、財産を失った傷は深い。それに輪をかけているのが、この世界が正しい道から外れており、その責任が自分たち人間にあるために、この出来事が起こったのではないかという強い精神的な不安だ。(参考:余震に怯える人々の写真

 昨年9月、私はチャニラに会った。経営学を学ぶ、雄弁で志の高い学生だ。クマリという、ネワール族の間で生き神として崇拝される幼い少女たちについての記事を『ナショナル ジオグラフィック』の6月号に書くため、古都パタンにある彼女の実家で取材を行ったのだ。カトマンズに近いパタンは中世以来の歴史があり、仏教徒が多くを占める。(参考記事:特集「クマリ ネパールの生きた女神」

 4月25日のネパール地震が発生したとき、私はイングランドのサセックス州にある自宅にいた。ネワール文化の研究者である友人エレン・クーンがそのときカトマンズにいたため、クマリたちの安否が分かるかどうか問い合わせた。チャニラと、現在の10人のクマリたちが全員無傷で生き延びたと知り、私は心底ほっとした。

 カトマンズのダルバール広場に、生き神の館となっている有名な建物「クマリ・チェン」がある。建てられたのは18世紀だが、驚いたことに、最初の地震で屋根瓦一枚落ちなかった。この建物の正面入口から数メートルしか離れていない巨大な寺院群ががれきと化したのとは対照的だった。

 自宅にいるチャニラにエレンが会えたのは、地震発生から10日後の5月5日だった。青と黒のクルタ(ゆったりしたシャツ)を着、それに合う眼鏡をかけて、長い髪をまとめたポニーテールはウエストの下まで届いていた。一見、チャニラは冷静で落ち着いていた。

 だが内心は違った。チャニラは「取り乱して神経質になって、ちょっとしたことにもまだびくびくしてしまいます」と話した。彼女は、家が揺れ始めた瞬間は「みんな恐怖を感じた」とエレンに話した。「玄関口で、お互いの体にしがみついていました」。

 揺れが収まるとすぐに、チャニラたちは通りを数メートル下ったところにある「ハカ・バハル」へ駆け込んだ。クマリの館がある場所だ。現在のパタンの生き神である7歳の少女、ユニカの力で守ってもらえると思ったのだ。

 ユニカの館もやはり持ちこたえていた。ユニカは地震の間、大通り沿いの建物がいくつも崩れ落ちても、クマリの座に静かに腰かけていたという。

 それもつかの間、5月12日にはマグニチュード7.3の余震がネパールを揺るがした。多くの余震の中でも、最も打撃が大きかったものだ。私は再びチャニラや今のクマリたちのことで気をもんだ。ありがたいことに、チャニラはすぐにフェイスブックで安否を知らせてくれた。「みんな無事ですが、インターネットにつながらない所にいます。また投稿します」

2014年4月、パタンの生き神に選ばれてから数日後のユニカ・ヴァジュラチャリヤ(6歳)。4月25日の地震の際もクマリの座にあり、家族によれば、トランスしたような状態で心配ないと告げ、皆を安心させたという。(Photograph by Stephanie Sinclair, National Geographic)
[画像のクリックで拡大表示]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加