豪雨、竜巻、雷、台風…異常気象の衝撃写真13点

気候変動の影響で、嵐は激しさを増すと科学者らは予想している

2015.08.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「スーパーセル」と呼ばれる巨大積乱雲による雷雨がサウスダコタ州を襲う。スーパーセルは非常に激しい気象現象をもたらし、強風やあられ、時には竜巻を伴うこともある。 (PHOTOGRAPH BY JIM REED, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 科学者たちは、地球の気温上昇とともに、嵐にも意外な変化が現れると予想している。

 ハリケーンや嵐の数が増えると考える科学者は少なく(減るとの見方もある)、むしろ激しさが増すとの見方が大半を占める。

 ローレンス・バークレー国立研究所の計算研究部門で主任研究員を務めるマイケル・ウエナー氏によれば、地球の平均地上気温の上昇が2℃に達すると、気候の変化が顕著になるという。

「カテゴリー4と5に分類される嵐の数は間違いなく増え、これまでに経験したことのない激しい嵐も発生するでしょう。2℃は安全圏内であるかのように書かれることが多いですが、まったくの誤りです。2℃であれば安全という議論はばかげています」とウエナー氏。

 ハリケーンの風速はおそらく強まるが、竜巻の話はまた別だ。気候変動は竜巻の数や激しさには影響しないものの、複数の竜巻がより近い距離で発生すると予想されている。

「F1クラス以上の竜巻の年間発生日数が1970年代には約150日だったのが、ここ10年は約100日に減っています」と、米海洋大気局(NOAA)の暴風雨研究所に所属する主任調査研究員のハロルド・ブルックス氏は語る。「竜巻が発生する日数は減っていますが、同じ日に複数の竜巻が発生するケースが増えているのです」

 これは何を意味するのだろうか?

『世界のどこでも生き残る 異常気象サバイバル術』
雪崩、台風、土砂崩れ、豪雨、洪水、渇水、酷暑、寒波、大雪…突然の気象災害から身を守るために!
:本体2,500円+税
サイズ:A5判、ソフトカバー
日本語翻訳版、384ページ、オールカラー
ISBN:9784863133020

ナショジオストア  アマゾン  楽天ブックス

 マサチューセッツ工科大学の大気科学教授ケリー・エマニュエル氏によると、人間の適応がこのような変化に追いつくことはできないという。エマニュエル氏は、2013年にフィリピンを襲った台風ハイエンを挙げ、次のように説明する。

「台風がしょっちゅうフィリピンを直撃しているのにニュースで目にしないのは、社会がハリケーンにしっかり適応できているからです。ところがハイエンのときは、彼らが慣れていた台風より少し強かっただけなのに避難所で多くの人が犠牲となりました。嵐というのは、少し強いだけでも、想像をはるかに上回る被害をもたらします。一番の問題は、その変化のスピードが速すぎて私たちが適応できないことなのです」(参考記事:「豪雨、竜巻、土砂崩れ…異常気象で生き残る方法」

雪のワンダーランド

バーモント州グリーン・マウンテン国立森林公園のリンカーン・ピークにスキー客を運ぶゴンドラ。凍てつくようなこの写真は1967年に『ナショナル ジオグラフィック』誌に掲載された。 (PHOTOGRAPH BY B. ANTHONY STEWART, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

土砂降り

ケニアのナイロビ中心部で、雨による水深4インチの洪水の中を自転車で走る男性。1969年の『ナショナル ジオグラフィック』より。 (PHOTOGRAPH BY BRUCE DALE, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

最初は風、次に雨

モンスーンによる雨季が訪れる前に吹く強風から身を守る女性たち。インドのラージャスターン州で撮影。1984年の『ナショナル ジオグラフィック』の写真。 (PHOTOGRAPH BY STEVE MCCURRY, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

パープル・レイン

ネブラスカ州オガララの砂漠地帯、サンドヒルに雷が落ちる。1990年。 (PHOTOGRAPH BY JIM RICHARDSON, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加