北極点遠征が風前のともしび、温暖化の影響で

徒歩での到達が困難に

2015.05.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年、極地冒険家のトマス・ウルリッヒ氏が、ロシアのフランツ・ヨシフ諸島のチャンプ島付近で、ところどころが解けた海氷の上をスキーで渡る。参考記事:「2009年の北極探検」(PHOTOGRAPH BY BORGE OUSLAND, NAITONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

「北極点遠征は、20世紀に絶滅した鳥、リョコウバトと同じ運命をたどろうとしています」と、米コロラド州を拠点とし、3回の北極遠征を成し遂げた極地冒険家エリック・ラーセン氏は言う。

 気候変動によって海氷が不安定になり、物資補給の手段も断たれるなか、徒歩により北極点を目指す冒険家は絶滅の危機に瀕している。

 さまざまな冒険記録を管理するウェブサイト「adventurestats.com」のトム・ショグレン氏によると、北極点遠征の定義はアラスカ、グリーンランド、カナダ、ロシアのいずれかの海岸線を出発し、北極の氷の上を、北緯90度の北極点まで徒歩で進むこと。北極点到達を成し遂げた後、復路をヘリコプターや飛行機に迎えてもらうのは自由だ。

 厳密には、外部からの補給や機械など動力の助けなしに、全て人間の力のみで成し遂げることが望ましい。つまり、補給物資を飛行機から投下したり、犬や帆、エンジンなど、スピードを上げたり荷物を軽くするためのサポートは一切受けない。

 ロバート・E・ピアリ少将が1909年に人類初の北極点到達を成し遂げたとされて以来(その後の調査で、本当に北極点へ到達したかどうかについて疑問が持ち上がっている)、北緯90度への徒歩行は247回行われているが、そのうち無補給・無動力での到達に成功した例は47件だけである。(参考記事:「北極点を制覇せよ:ピアリの遠征」

 無補給・無動力の徒歩行では、物資を積んだ重さ130キロ以上あるそりを引き、スキーやスノーシューズを履き、泳ぎ、登り、約770キロの行程を50~70日かけて踏破する。住宅ほどもある大きさの氷の山を乗り越え、氷点下の海を泳いで渡ることもある。気温はしばしば零下40度にも落ち込む。ラーセン氏に言わせれば、「地上で最も困難な遠征」なのである。

 ところが、その困難を極める冒険の旅は、間もなく終わりを告げることになるかもしれない。2005年から2010年までに7つの遠征隊が無補給・無動力の北極点遠征に成功したのに対し、2011年以降はたったの1件なのだ。

高まる氷の危険

 北極点到達が困難になってきた大きな理由の一つは、気候変動によって北極圏の氷が変化していることだ。米国立雪氷データセンターによると、2015年3月に海氷が覆った北極の海域は、1981年の人工衛星による観測開始以来3月としては最低となった。夏の間も解けずに残る「多年氷」も、10年で15.1%というスピードで消失している。

 氷が薄くなると、ありとあらゆる問題が生じてくる。「歴史的に見て、北極の海氷は厚さが150~180センチほどで比較的安定していたのですが、最近ではそれが薄くなって、割れやすく、とても不安定な状態になっています。その結果、表面の起伏が激しくなり、歩いて渡るのが困難になってきました」と、ラーセン氏は説明する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加