半透明のかわいい新種カエル、コスタリカで発見

『セサミストリート』のカーミットそっくり

2015.04.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイアンズ・ベアハーテッド・グラスフロッグ。論文の筆頭著者ブライアン・クビッキ氏の母の名にちなんで命名された。(Photograph by Brian Kubicki, Costa Rican Amphibian Research Center)
[画像のクリックで拡大表示]

 美しいライムグリーンの体を持つ半透明のグラスフロッグ(glass flog、アマガエルモドキ科)の新種が、コスタリカで発見された。飛び出た白い眼球といい横長の黒い瞳といい、『セサミストリート』の人気キャラクター、歌好きカエルのカーミットにそっくりとインターネットで話題を呼んでいる。

 だが、こちらのカエルは歌は得意ではない。その代わり、昆虫に似た口笛のような長い鳴き声を上げる。このほど発表された論文によれば、それゆえに研究者たちは長らくカエルの声だと気付かなかったのかもしれないという。なにしろ、コスタリカでグラスフロッグの新種が見つかるのは1973年以来のことなのだ。

 ダイアンズ・ベアハーテッド・グラスフロッグ(Diane's Bare-hearted glass frog、学名:Hyalinobatrachium dianae)と命名された新種は体長2.5センチ。2月19日付け学術誌「Zootaxa」に掲載された。

シースルーのお腹

 グラスフロッグと総称されるアマガエルモドキ科のカエルは、中南米の熱帯雨林に分布する。近くに小川のある高い樹冠にすみ、繁殖の時期になると地面に下りてくる。

 腹部が半透明で内臓が透けて見えることから、グラスフロッグと名付けられた。だが、色素沈着がない理由は専門家の間でも分かっていない。一方、緑色の色彩は周囲に溶け込むのに役立っている。グラスフロッグは夜行性で、日中は葉の裏側に隠れて過ごすからだ。

 新種のカエルは確かにカーミットを思わせるが、かわいいキャラクターとは違い、厳しい競争の中で生き抜いている。コロンビア、アンデス大学の両生類学者で今回の発見には関わっていないアンドリュー・クロフォード氏によれば、オスのグラスフロッグは縄張り意識が非常に強く、他のオスが縄張りに侵入してくると激しい戦いになるという。

カエルに迫る危機

 今回新たに見つかった種は、コスタリカ東部の標高400~800メートルの山林に生息する。同国のカエルを研究する生物学者で、今回の発見には関わっていないナショナル ジオグラフィックの支援研究者スティーブン・ホイットフィールド氏によれば、両生類にとって最適な生息地だという。

 同時に、致死的な影響を与えるカエルツボカビが最も多い標高でもある。「両生類の皮膚を侵すカエルツボカビが原因で、1980年代以降、コスタリカを含む世界中でいくつもの種のカエルが姿を消しています」とホイットフィールド氏は言う。

 こうした困難を思うと、「生きたカーミット」の発見はますます貴重だ。ホイットフィールド氏はこうコメントした。「新種を見つけたという知らせには実に心が躍ります。多くの種が失われた可能性がある状況では、なおのことです」

新たに発見されたカエルの腹部が半透明である理由は、まだ解明されていない。(Photograph by Brian Kubicki, Costa Rican Amphibian Research Center)
[画像のクリックで拡大表示]

文=Ralph Martins/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加