10億匹の青いクラゲが大量死、米国西海岸で

三角形の“帆”を持つ謎に満ちたカツオノカンムリが打ちあがる

2015.04.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クラゲの一種カツオノカンムリは、いつもは外洋の海表面を浮遊し、触手状の刺胞を使って微小生物を捕食する。多くのクラゲ同様、無性生殖で繁殖するポリプ型と、有性生殖を行うクラゲ型の2通りの形態がある。(Photograph by Tiffany Boothe, Seaside Aquarium)
[画像のクリックで拡大表示]

 クラゲの仲間で、「紫の水夫」「風まかせの船乗り」と呼ばれるカツオノカンムリ(学名:Velella Velella)が、米国西海岸の砂浜に大量に打ち上げられた。青や紫色のしぼんだ風船のように重なり合って、じゅうたんのように砂浜を埋め尽くしている。

 カリフォルニア州中央部にあるモントレー・ペニンシュラ大学の海洋生物学者ケビン・ラスコフ氏に話を聞くと、4~6週間ほど前からオレゴン州とワシントン州の海岸に現れはじめ、次第にカリフォルニア州でも見られるようになったそうだ。

 カツオノカンムリは、三角形の硬い“帆”を持ち、普段は外洋の海表面を風向きと海流に身を任せて漂流し、食べ物を探す。だが、いつもと風向きが異なる年には、陸地の方向へ流される。それは彼らにとっては死を意味するのだ(参考記事:「透明な生物カツオノエボシが描く美の世界」)。

 陸へ打ち上げられて大量遭難死するカツオノカンムリの姿は珍しいことではないと、ラスコフ氏は説明する。3年~6年ごとに起きる現象だ。

 また同氏は、西海岸沿いにおそらく10億匹が打ち寄せられているだろうと見積もる。帆の部分は、乾燥すると透明なポテトチップのように見える。見た目はどんなに綺麗でも、拾い集めてはいけない。カリフォルニア州では、正当な許可なしに海洋生物を採集することが禁じられている。

 カツオノカンムリはクラゲの一種なので、刺されることもある。捕食動物であり、海面に浮遊する極微小なプランクトンを餌とする。

 指で触れても痛みは感じないかもしれないが、その指で目をこすったり、肌の敏感な部分に触れば刺激を感じる。つまり、触ったらダメということだ。

大群

Photograph by Tiffany Boothe, Seaside Aquarium
[画像のクリックで拡大表示]

 オレゴン州の砂浜に打ち上げられたカツオノカンムリの大群。周期的に陸に大量に漂着するが、その生態はあまり知られていない。「何百万という単位で打ち上げられるのですが、驚くほど謎の多い生物です」と、生物学者のケビン・ラスコフ氏は語る。

端っこで

Photograph by Tiffany Boothe, Seaside Aquarium
[画像のクリックで拡大表示]

 カツオノカンムリは、無数の小さなポリプが集まって1個の生きもののように機能する「群体」をなす。群体のポリプには、捕食係、帆を作る係、食べ物を消化する係などの役割分担がある。また、精子と卵子を放出して有性生殖を行う極小のクラゲになることもある。

真ん中で

Photograph by Tiffany Boothe, Seaside Aquarium
[画像のクリックで拡大表示]

 カツオノカンムリの死骸が、オレゴン州フォート・スティーブンス州立公園の砂浜を見渡す限り埋め尽くす。卓越風の向きが変わったせいで、大量に打ち上げられた。おそらく10億匹はいるだろうと専門家は見る。

右か左か

Photograph by Tiffany Boothe, Seaside Aquarium
[画像のクリックで拡大表示]

 群体の上部にある帆は左右どちらにも傾く。帆の下にある密閉された気泡体がコロニー全体を海面に浮かせ、捕食担当のポリプがその下にたれ下がって餌を捕る。

文=Jane J. Lee/写真ギャラリー=Sherry L. Brukbacher/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加