チンパンジー、食べ物とセックスを取引?

雌のチンパンジーは知り合いのほとんどと交尾をする

2015.04.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チンパンジーはアフリカの21カ国で確認されているが、レッドリストでは「絶滅危惧」に指定されている。雌は複数の雄と交尾するため、多くの雄は自分が子の父親だと考え、子殺しを起こしにくくなる。(Photograph by Vincent J. Musi, National Geographic)
[画像のクリックで拡大表示]

 食べ物とセックスに夢中になるのは、人間だけではないようだ。

 チンパンジーの雌が出産をする間隔は平均で5~6年。哺乳類のなかでも最長の部類に入る。妊娠の可能性を高めるため、雌は「知り合いのほとんどの雄と交尾をします」と、米ニューメキシコ大学の霊長類学者のメリッサ・エメリー・トンプソン氏は言う。

 一方、雄は雌をめぐってほかの雄と争うが、異性の引きつけ方はそれだけではないようだ。いくつかの研究によれば、雄は雌を食べ物で釣ろうとすることもあるという。

 西アフリカで2007年に行われた調査では、雌はパパイアをくれた雄と親密になる傾向が見られた。このことから、英オックスフォード・ブルックス大学の研究者キンバリー・ホッキング氏は、雄が食べ物という「禁断の果実」を使って、交尾という「別の対価」との取引を求めていると考えた。(参考記事:2010年2月号特集「チンパンジーの好奇心」

 ただし、この「セックスのための食料」説を支持しない研究者は多い。エメリー・トンプソン氏が自身の研究でみつけたのは、別の「セックス=食料」問題だ。

 彼女によると、交尾をしたがっている雄が周囲にいると、雌は食べ物を探したり食べたりする機会が減るという。そんな状態が長く続けば、雌の受胎能力が下がってしまう。チンパンジーが絶滅の危機から脱する日は遠くなってしまいそうだ。

※本コラム「BASIC INSTINCTS 生命をつなぐ」は、月刊誌『ナショナル ジオグラフィック日本版』に毎月掲載しています。

文=Patty Edmonds

  • このエントリーをはてなブックマークに追加