超レアな黒いフラミンゴ、キプロス島で見つかる

世界に一羽だけの貴重個体かも

2015.04.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年4月8日、キプロス島南岸にあるアクロティリ環境センターの塩湖で、黒いフラミンゴが目撃された。黒い羽の原因は、メラニン色素が多く生成される遺伝子疾患と考えられる。(Photograph by Marinos Meletiou, Reuters)
[画像のクリックで拡大表示]

 地中海の島キプロス島にあるアクロティリ環境センターで、今月、白とピンクのオオフラミンゴの集団の中に、1羽だけ黒い個体が交じっているのが発見され、話題を呼んでいる。

 黒い羽の原因はメラニズム(黒色素過多症)と呼ばれる遺伝子疾患で、色素が過度に増加したために羽が黒くなっているのだ。タカやカモには時折みられる現象だが、黒いオオフラミンゴは2013年にイスラエルで一度撮影されたことがあるだけだ。

 フラミンゴは長距離を移動する渡り鳥であるため、今回キプロスで見つかった個体がイスラエルのものと同一である可能性は「大いにある」と、アメリカ自然史博物館の保護活動家フェリシティ・アレンゴ氏は言う。

 またフラミンゴの専門家ネットワークの保護活動家ミシェリン・モロニー氏は、鳥の外見と、他の仲間とのやりとりの様子から見て、キプロスとイスラエルで撮影された動画に映っている鳥はまったく同じ個体であると断言している。

黒はモテる?

 種によっては、メラニズムのおかげで体が周囲の景色に溶けこみ、捕食者から身を守るのに役立つ場合もある。しかし、キプロスにはそもそも捕食者があまりおらず、黒い羽は逆にアンラッキーな結果をもたらす可能性もある。多すぎる色素のせいで羽がもろく、崩れやすくなるからだ。

 イスラエルで黒いフラミンゴを観察したアレンゴ氏によると、この個体がピンク色の仲間たちから過剰な扱いを受けることはなかったという。しかし黒い羽で、明るいピンク色を好む交尾相手の気を引くことはできるのだろうか。

「フラミンゴは体から分泌する色素を使って“メイク”をし、鮮やかなピンク色を演出することさえあるのです」とアレンゴ氏は言う。(参考記事:「“メイク”で異性の気を引くフラミンゴ」

 全身黒ずくめのフラミンゴは、異性からモテモテというふうにはいかなさそうだ。

文=Ralph Martins/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加