ブロントサウルス、本物の恐竜として復活へ

学術的に消滅していた恐竜が、標本の再検討で復活しようとしている

2015.04.10
1800年代後半に古生物学者が想像したブロントサウルス。水生で、カマラサウルスと同じ頭骨が描かれている。その後の研究で、ブロントサウルスの頭骨はもっと細く、馬に似ていたと判明することになる。
[画像のクリックで拡大表示]

 あなたが子供のころ「ブロントサウルス」に心を躍らせ、そんな恐竜はいなかったと後に知ってがっかりした一人なら、朗報だ。あの巨大かつ温和な恐竜が戻ってくるかもしれない。

 独立の種ではないとされてきた恐竜ブロントサウルス。巨体を誇るこの竜脚類はアパトサウルスであり、かつての研究者が別種と勘違いしたのだと長く考えられてきた。ところが最新の研究で、その地位が回復される可能性が出てきた。

 オンライン学術誌「PeerJ」に今月7日発表された研究結果によれば、ブロントサウルスは立派に一種をなす恐竜だったという。それどころか、アパトサウルスとブロントサウルスはそれぞれ異なる属に分類されるほど差が大きいとのことだ。

 こうした知見は、これらの恐竜が属するディプロドクス科の進化についての研究から明らかになった。大型の草食恐竜であるディプロドクス科の恐竜は、ジュラ紀後期の1億6千万年前から1億4500万年前にかけて、北米、ヨーロッパ、そしてアフリカの一部に生息していた。

 論文の共著者で、ポルトガルにあるヌエバ・デ・リスボン大学の古生物学者オクタビオ・マテウス氏は、「ディプロドクス科はとても範囲が広く、属する種同士の関係をもっと解明したいと考えました」と話す。著者らは今回の論文で、ディプロドクス科の系統樹を見直し、あらためてブロントサウルスを新しい属とするよう唱えている。

存在すらしなかった恐竜?

 ブロントサウルスの歴史は波乱に満ちている。1880年代に米国の古生物学者オスニエル・チャールズ・マーシュによって発見・命名されたが、1903年、マーシュがブロントサウルスの数年前に発見していたアパトサウルス属の一種と認定された。分類学では先に発表された学名が採用されるため、新種と思われたBrontosaurus excelsusには、既存の属名Apatosaurus excelsusの名が与えられた。

 とはいえ、ギリシャ語で「雷のトカゲ」を意味する呼称「ブロントサウルス」は、その後長く強烈な影響を持ち続けた。1970年代になって、ブロントサウルスとアパトサウルスの頭骨が酷似していることを専門家が示し、ようやく議論は終わった。これによりブロントサウルスは「学術的には無意味」と決め付けられ、「存在すらしなかった」恐竜とされてしまったのである。

新たな分類の提案

 「化石記録から恐竜を分類するのは困難です」とマテウス氏は語る。一つには、「ある動物同士が交配して子孫を作れたかどうか、骨は教えてくれない」からという。生殖ができることは、同じ種であることのわかりやすい目印の一つだ。しかし、近年になってディプロドクス科の標本がいくつも見つかったことで、研究者らは数々の骨を精査・比較して、それぞれがどのような関係にあるか示せるようになった。

 研究チームはディプロドクス科の標本81体を対象に、骨格にみられる477の特徴の有無を調べた。近縁種同士は共通する特徴が多い一方、ブロントサウルスとアパトサウルスのように属が異なるとみられる種同士では共通点がかなり少なかった。

 骨格には個体差もあるため、研究チームは探す特徴を最小限のはっきりした違いに絞り、生息地も考慮して、これらの恐竜が本当に別種か否かを見極めた。

 その結果、ディプロドクス科には新たに2つの属を設けるべきとの見解に至った。ブロントサウルス属とガレアモプス属(Galeamopus)だ。一方、ディンヘイロサウルス属(Dinheirosaurus)とスーパーサウルス属(Supersaurus)が同じ1属であることも明らかになった。

 英国ブリストル大学の古生物学者で、今回の研究には関わっていないマイク・テイラー(Mike Taylor)氏は、「この研究が抜きん出ているのは、非常に詳細にわたっている点です」と評価した。「他の科学者たちは、これを基に各自の研究成果をどんどん前進させられるでしょう」

 今回の方法を恐竜の他の科にも応用すれば、化石記録に刻まれた進化の解明に役立つだろうとマテウス氏は期待している。

文=Ralph Martins/訳=高野夏美