VISIONS

波止場の名残

エストニアの首都タリンに朝が訪れると、いつになく潮が引いた入り江に不思議な光景が現れた。キノコのように見えるのは、氷の傘をかぶった木の杭。かつてあった波止場の名残だ。
写真=ANDREI REINOL

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • 奈良の又兵衛桜
  • アカシカの雄たけび
  • 海中の謎の関係
  • ペンギンたちの恋の季節
  • 霜が描く世界
  • ママ大好き!