VISIONS

波止場の名残

エストニアの首都タリンに朝が訪れると、いつになく潮が引いた入り江に不思議な光景が現れた。キノコのように見えるのは、氷の傘をかぶった木の杭。かつてあった波止場の名残だ。
写真=ANDREI REINOL

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • 地層のアート
  • 色の見えない人々が住む島
  • 世界有数の人口過密都市
  • 巨大アヒル
  • 氷の迷路
  • 噴煙を上げるブロモ山
  • 都会でサバイブするアライグマ
  • 悲劇のチョウ
  • 50年前の「地球儀」
  • 天空の宗教都市
  • 線香の花畑
  • バッタの大量発生
  • 奈良の又兵衛桜
  • アカシカの雄たけび
  • 海中の謎の関係