• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年8月号

民間チームが挑む 月面探査レース

  • <b>チームHAKUTO(日本)</b><br>民間の月面探査レース「グーグル・ルナ・Xプライズ」のためにチームHAKUTO(ハクト)が開発した探査車SORATO(ソラト)。東京のクリーンルームで出番を待つ。月面を500メートル移動して、動画と静止画像を地球に送信するミッションを、民間の資金で最初に達成するのはどのチームか?
  • <b>シナジー・ムーン</b><br>この多国籍チームを支援するインターオービタル・システムズの社内で、技術者のエリック・リーディがロケットの設計に考えをめぐらす。同社は、民間で最も安い打ち上げサービスの提供を目指す。
  • <b>チームインダス(インド)</b><br>バンガロールでテスト中のローバー。重さ7.5キロの小さな車体にインドの誇りと希望がかかっている。地球の6分の1しかない月の重力を再現するため、ヘリウム入りの大きな風船が付けられる。
  • <b>米国</b><br>月を夢見るのは、レースに残っている5チームだけではない。宇宙ベンチャー「アストロボティック」が開発した月着陸機グリフィン。同社の目標は「月を世界の人々の手が届く場所にする」ことだ。
  • <b>ドイツ</b><br>高級車メーカーのアウディの支援でチーム「PTサイエンティスツ」が開発したローバー、ルナ・クアトロ。120℃に熱した砂地の上に置かれ、1000ワット相当の光を浴びて、月の環境に耐えられるかテスト中だ。このチームもレースからは脱落したが、貨物を月面に輸送するサービスの提供を目指す。
  • <b>スペースIL(イスラエル)</b><br>テルアビブ郊外の別の施設では、宇宙空間に近い環境を作る「熱真空チャンバー」を使って、着陸機が「月の昼」(太陽が14日間照りつける期間)の高温に耐えられるかを調べている。
  • <b>スペースIL(イスラエル)</b><br>お気に入りの宇宙服スタイルで、テルアビブにあるスペースILの本部を訪れた7歳のユバル・クリンガー。子どもに夢を与えることもチームのミッションの一つだ。「イスラエルの子どもたちみんなに関心をもってほしい」と、チームリーダーを務めるエラン・プリブマンは言う。「子どもたちが親にレースの解説をするようになるといいですね」
  • <b>ムーン・エクスプレス(米国)</b><br>フロリダ州ケープ・カナベラルに本拠を置き、着陸機MX-1Eを建造している。ランチタイムの勉強会では、会議テーブルに置かれたミニチュアを囲んで話し合う。
  • <b>チームHAKUTO(日本)</b><br>迫りくる打ち上げ期限をにらみつつ、メンバーの米澤香子が作業の進捗を検討する。日本チームはローバーのSORATOをチームインダスのロケットと着陸機に相乗りさせ、月面に着いてから勝負させる計画だ。技術大国の誇りと若手の活躍への期待から、彼らの挑戦は日本で大きな話題となっている。「優勝すればうれしいでしょうが、それだけが目的ではありません」と、代表の袴田武史は言う。
  • <b>チームHAKUTO(日本)</b><br>ローバーのSORATOのフィールド試験を取材するため、鳥取砂丘に報道陣が集まった。チームの代表を務める袴田が、月面の状態を再現したテストコースにローバーを運ぶ。

フォトギャラリー一覧へ

最新号

ナショジオクイズ

200種類以上の植物を育み、太陽光発電の照明で辺りを照らす写真の「スーパーツリー」はどの国の名物?

  • インドネシア
  • マレーシア
  • シンガポール

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ