フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の百年

- AUGUST 2016 -

ナショナル ジオグラフィック協会 写真資料室から

富士を眺めてひと休み

 ススキの穂が揺れる高台で、つえを手にした男性がひと休みしている。手前には芦ノ湖と周囲の山々、その向こうには雪を頂く富士山という見事な景色が見渡せる。英国人の写真家ハーバート・ポンティングが、20世紀初頭に撮影した一枚だ。


 ポンティングは著書の中で、富士山を比類なき山とたたえ、その山麓を一周する旅は「日本で最も美しい景色に富んだ旅である」と断言している。そびえる富士を背景に、湖や、森や、川や、滝が次から次へと現れて目を楽しませてくれるからだ。あらゆる天候と季節、時刻のもとで「麓から20マイル(約30キロ)以内のあらゆる場所からこの山を見つめてきた」とポンティングは豪語する。彼の印象にとりわけ深く刻まれているのは初来日の折、横浜へいよいよ入港する日の明け方に、船上から初めて目にした「円錐(えんすい)形をした清らかな富士の峰」だったという。


 8月11日は、新たに制定された国民の祝日「山の日」だ。富士山や、あるいはもっと身近な地元の山々に思いを馳(は)せたり、遠くから眺めたり、実際に歩きに出かけたりしてみてはどうだろうか。


写真=HERBERT G. PONTING/NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE

フラッシュバック一覧へ

  • 噴気もうもうたる「地獄」の恵み
  • 天皇の即位を祝う提灯行列
  • シルクハットの釣り人たち
  • 松の木陰でお勉強
  • 島の田んぼを耕す牛
  • 蓮池のほとりのNIPPON
  • とろけるような温泉の快感
  • 春らんまん 兼六園の旭桜
  • 最新流行のファッションに興味津々
  • 冬はこたつで家族団らん
  • リンドバーグ 明治神宮を参拝

最新号

翻訳講座

ナショジオクイズ

発情期、雄のクロザルの陰嚢がある状態になっていると多くの雌を惹きつけるそう。その状態とは?

  • 鮮やかな赤色をしている
  • 地面につくほど長い
  • 風船のように膨らんでいる

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー