VISIONS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒い森のキツネ

倒れかかったマツの幹を、慎重な足取りで登るアカギツネ。北半球に広く生息するこのキツネは、さまざまな文化や神話のなかで「ずる賢さ」のシンボルとなっている。ドイツ南西部に広がる森林地帯「シュバルツバルト」(黒い森)で撮影した
写真=KLAUS ECHLE, NATURE PICTURE LIBRARY

VISIONS一覧へ

最新号

定期購読

ナショジオクイズ

写真はドバイの街を世界で最も高いビル「ブルジュ・ハリファ」から見下ろしたものですが、ブルジュ・ハリファの高さに近い山は次のうちどれ?

  • 箱根山
  • 比叡山
  • 天保山

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー