VISIONS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒い森のキツネ

倒れかかったマツの幹を、慎重な足取りで登るアカギツネ。北半球に広く生息するこのキツネは、さまざまな文化や神話のなかで「ずる賢さ」のシンボルとなっている。ドイツ南西部に広がる森林地帯「シュバルツバルト」(黒い森)で撮影した
写真=KLAUS ECHLE, NATURE PICTURE LIBRARY

VISIONS一覧へ

最新号

翻訳講座

ナショジオクイズ

発情期、雄のクロザルの陰嚢がある状態になっていると多くの雌を惹きつけるそう。その状態とは?

  • 鮮やかな赤色をしている
  • 地面につくほど長い
  • 風船のように膨らんでいる

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー