高度経済成長期には、生き物の姿が消えて「死の川」と呼ばれた多摩川。水質が改善し、輝きを取り戻した川は今、さまざまな生き物や人間を育んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然と人間 大都会のふるさと 多摩川

高度経済成長期には、生き物の姿が消えて「死の川」と呼ばれた多摩川。水質が改善し、輝きを取り戻した川は今、さまざまな生き物や人間を育んでいる。

文=大塚 茂夫/写真=津留崎 健

 多摩川の源は、山梨県と埼玉県の県境にそびえる笠取山の山頂直下、水干(みずひ)と呼ばれる場所だとされている。私もそこを訪ねて、「水干 多摩川の源頭 東京湾まで138km」と書かれた案内板を目にした。岩の間から滴り落ちた水が沢となり、一之瀬川、丹波川と名前を変え、小河内ダムから下流は多摩川として流れ下る。

 しかし、その水の多くが東京湾までたどり着くことはない。水干から84キロほど下流にある羽村取水堰で、8割ほどが抜き取られるからだ。

中・下流域では生活排水が“水源”

 それでは、堰から下流の水はどこから来るのか。秋川や浅川といった支流の水や川底から湧き出す伏流水もあるが、実は、中・下流域の水のおよそ半分が下水の処理水だ。この区間には都の6施設のほか、三鷹市や川崎市などが管理する四つの下水処理施設があり、合わせて年間3億7000万立方メートル余りの水が多摩川に流されている。これは、羽村取水堰で抜き取られる量よりも多い。

 つまり、家庭の台所や風呂、洗濯、トイレなどで使われた水が多摩川の源なのだ。この川はそれだけ、人間の影響を受けやすい。

 半世紀ほど前、この川は「死の川」と呼ばれていた。水質が著しく悪化し、アユをはじめ、さまざまな生き物が姿を消したのだ。調査用の定置網から2キロほど上流にある調布取水堰の周辺は当時、汚れた多摩川の象徴だった。白い泡が川面を覆い、風が吹くと異臭とともに、付近の道路や住宅へ飛ばされていった。

※この続きは、ナショナル ジオグラフィック2016年10月号でどうぞ。

編集者から

 通勤電車の中から見るだけだった多摩川。正直なところ、それほど関心をもっていたわけではないが、写真家の津留崎健さんから作品を見せてもらった瞬間、おもしろいじゃないか、と思った。しかし、多摩川を取り上げた記事や本、テレビ番組は数多い。どうすれば、自分らしい視点で、この都市河川を見られるのだろうかと考えた。そして、歩くことにした。川に沿って歩いてみれば、何か感じることがあるだろう。それについて書けばいいのではないか。こうして、週末の多摩川ウォーキングが始まり、河口から小河内ダムまでの90キロを歩くことになった。疲れはしたが、爽快だった。それは、川を渡る風だったり、河川敷で元気にスポーツに興じる人々の姿だったり、都会にはめずらしい広々とした空間だったり。その爽快さが記事を通して伝われば嬉しい。(S.O.)

この号の目次へ

最新号

ナショジオクイズ

この男性はハイチの露天商ですが、何を売っているのでしょう?

  • 洋服のボタン
  • お菓子

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー