• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米国アラスカ州のデナリ国立公園では長年、人間と野生動物の共存の形が問われてきた。その広大な大地も、自然を守るには十分ではないのだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

苦悩するデナリ

米国アラスカ州のデナリ国立公園では長年、人間と野生動物の共存の形が問われてきた。その広大な大地も、自然を守るには十分ではないのだろうか?

文=トム・クラインズ/写真=アーロン・ヒューイ

「2週間も姿を隠していましたが、今日はかなり期待できそうですよ」。バスの速度を落としながら運転手が言った。かすんではいたが、高くそびえる山が目の前に現れた。

「デナリだ!」乗客たちが思わず声を上げた。

 標高6190メートル、北米大陸の最高峰「デナリ」は先住民の言葉、アサバスカ語で「高きもの」を意味し、数々の伝説や伝承にも登場してきた。だが1896年になって、金鉱を探しにやって来た白人が、この山に「マッキンリー山」という別の名前をつけた。米国オハイオ州の政治家で、後に第25代大統領となるウィリアム・マッキンリーに敬意を表するためだった。ここ数十年間、改名をめぐって議論が起きていたが、2015年8月、オバマ大統領はついに「デナリ」を正式な名称にすると発表した。

個々の種ではなく、生態系全体の保全へ

 生態学者アドルフ・ムーリーは1939年に、当時マッキンリー山国立公園と呼ばれていたこの地に初めてやって来た。その頃オオカミは害獣と見なされ、レンジャーたちが見つけ次第、射殺していたような状況だった。だが研究を通じて、最上位の捕食動物は健全な生息環境に不可欠だと確信したムーリーは、個々の種ではなく、生態系全体を保全するよう、公園を管理すべきだと訴えた。

 ムーリーに続けとばかり、影響力のある科学者や思想家がデナリを目指した。この北米大陸の辺境に残された広大な原生地は、国立公園とそれを守る人々の役割に対する考え方が、大きく転換していく出発点となった。環境の保全や科学に基づく意思決定といった、今では広く受け入れられている価値観の多くがこの地で育まれたのだ。

※この続きは、ナショナル ジオグラフィック2016年5月号でどうぞ。

編集者から

 ナショジオでいろいろな探検家や研究者を取り上げますが、「好きな動物の近くで暮らし、その生活をじっと見守りながら、日々新たな発見をする」という生活を送る(送った)人を、いつもうらやましく思っています。たとえば、チンパンジーの研究で有名なジェーン・グドール。そして、デナリの特集に登場するオオカミ研究のパイオニア、アドルフ・ムーリーも、なかなかいい線いっています。「使った道具は、双眼鏡、カメラ、ノート、それに強靭な脚だけだ」という環境はまさに理想。いずれにしても、やりたいことに没頭できるって幸せですよね。今から学者にはなれないけど、1日に1つ、新たな発見をするような人生にしたいものです。(編集H.O)

この号の目次へ

最新号

ナショジオクイズ

頭蓋骨の解析データに基づいてCGで再現されたこの男性、誰でしょう?

  • ソロモン王
  • アダム
  • イエス・キリスト

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ