• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人が死ぬとはどういうことか。心停止した人の蘇生や仮死状態の医療への応用の研究が進む今、死の意味が改めて問い直されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生と死 その境界を科学する

人が死ぬとはどういうことか。心停止した人の蘇生や仮死状態の医療への応用の研究が進む今、死の意味が改めて問い直されている。

文=ロビン・マランツ・ヘニグ/写真=リン・ジョンソン

 死は「瞬間ではなく、プロセスである」。救急医のサム・パーニアは、著書の中でそう述べている。脳卒中では脳の一部に問題が生じるが、死はいわば、全身に波及する卒中発作のようなものだ。心臓が止まっても、すべての臓器がすぐに死ぬわけではなく、心停止後も臓器はしばらくもちこたえられる。つまり「死後かなりの時間、死は逆転できる」というのだ。

 死神から命を奪い返そうとする医師たちの奮闘は、現在すでにさまざまな形で希望をもたらしている。2015年4月4日の正午近く、米国ネブラスカ州のメソジスト・ウィメンズ病院では帝王切開で一人の男児が誕生した。名前はアンヘル・ペレス。体重は1300グラムと小さいが、脳死状態になった母親の体の機能を医師たちが54日間維持したおかげで、それ以外はまったく正常な新生児だった。この子が元気に産声を上げたことは奇跡と言っていい。そう、祖父母が祈り続けた奇跡が、アンヘルの誕生という形で起きたのだ。

死の淵からの生還

 米国ペンシルベニア州の田舎に暮らすマーティン家の末っ子ガーデルは、凍てつく川に転落し、一度は死の世界へと旅立った。2015年3月、まだよちよち歩きのガーデルは二人の兄と一緒に遊びに出て、家から100メートルほどのところで小川に落ちたのだ。

 弟の姿が見えないことに気づき、兄たちは慌てふためいた。近所の人がガーデルを川から助け出し、救急隊が駆けつけたときには、心停止から少なくとも35分が経過していた。救助から数分後には救急隊が胸骨圧迫を開始したが、ガーデルの心臓は止まったままだった。一番近い地域病院への搬送中も心肺蘇生は続けられた。体温は25℃まで下がっていた。そこからヘリコプターで30キロ先のガイシンガー医療センターに運ばれたが、小さな心臓は依然として動かなかった。

※この続きは、ナショナル ジオグラフィック2016年4月号でどうぞ。

編集者から

 蘇生医療の最前線から生還者が語る臨死体験まで、幅広い内容の記事で、編集していても驚きの連続でした。脳死状態の母親から新たな命が誕生し、1時間半も心臓が止まっていた子どもが息を吹き返す…。生と死の境界で本当に起きたさまざまな出来事に、いろいろと考えさせられました。
 なかでも意表を突かれたのが、仮死状態を医療に応用する研究です。冬眠と似たイメージの低体温療法は、それでもまだ感覚的にわかります。なんとも不思議な気がしたのは、低酸素による仮死状態を利用して、その間に心臓の治療などを行うというもの。それってほとんど「お前はもう死んでいる」状態なのでは? とか、この手の研究が進めばいずれ人間もクマムシみたいになれるのか? などなど、頭の中が「はてなマーク」だらけになりました。(編集H.I)

この号の目次へ

ナショジオクイズ

IT産業が盛り上がるアフリカ。中でもケニアは何と呼ばれている?

  • シリコンサバンナ
  • シリコンサファリ
  • シリコンサハラ

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ