• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

石油やガス、鉱物など豊富な天然資源が眠る北極圏。地球温暖化で海氷や永久凍土は解けているが、依然として過酷な環境が、資源開発の成否を左右する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北極 資源開発の行方

石油やガス、鉱物など豊富な天然資源が眠る北極圏。地球温暖化で海氷や永久凍土は解けているが、依然として過酷な環境が、資源開発の成否を左右する。

文=ジョエル・K・ボーンJr./写真=エフゲニア・アルブガエバ

 地球温暖化で北極圏の氷が解け始め、周辺国が次々と資源開発に乗り出している。

 ロシアは帝政時代から北極圏とそこに眠る資源に目をつけてきた。ピョートル大帝がシベリア沿岸の地図作製を命じたことがきっかけで、1730年代と40年代に「大北方探検」が行われた。プーチン大統領もその伝統を受け継ぎ、北極圏の開拓はロシアの使命だと言わんばかりに、北極海の100万平方キロに対して領有を主張している。自国の天然ガスの推定埋蔵量の9割、石油の6割が北極圏とその近辺にあるため、ロシアはほかに選択肢がほとんどないのだと、同国の石油・天然ガスの専門家は言う。

【動画】北極圏 資源開発の過酷な現場

「ロシアの今の苦境は、ごく単純なことです」と、モスクワの国家エネルギー安全保障基金のコンスタンチン・シモノフ代表は言う。「1960年代に発見されたガス田で、世界の天然ガス市場を牛耳ってきたロシアですが、そうしたソ連時代の巨大ガス田は生産量が落ちています。であれば、さらに北へ向かうのが合理的です」

 ロシアは北極圏の油田開発にさらに期待をかけているが、そうした油田の近くにはパイプラインがない。ペチョラ海のロシア沖にあるプリラズロムノエは北極圏初の海上石油プラットフォームだが、ここで採掘された約500万バレルの原油は、タンカーに積まれ、時にはさらにほかの船舶に移される。こうした方法では原油流出のリスクが大幅に高まる。ロシア企業がこれまでに永久凍土帯へ流出させた原油は、350万バレル以上にのぼると、地元の複数の環境保護団体が告発している。

※この続きは、ナショナル ジオグラフィック2016年3月号でどうぞ。

編集者から

 地球温暖化で氷が解けたことで、北極の資源開発が可能になるとは、なんとも皮肉なことですね。もちろん、そう簡単にはいかない…というのがこの特集のテーマなのですが。記事中で紹介されているように、この夏には「大型客船が、大西洋と太平洋を結ぶ伝説的なルートである北西航路のクルーズを開始する」など、北極がいろいろな意味で身近になってきそうです。
 さて、この「伝説的なルート」って何だろう? と思われた人にお勧めしたいのが、Webナショジオの連載「北西航路」。探検家で作家の角幡唯介さんが、この航路を実際に探検した103日間の記録です。歴史的な背景も随所に織り込まれているので、その伝説たるゆえんも知りたい人にはぴったりかと。やっぱり北極って、行くのが難しいからよいのでは、とも思うのですが。みなさんはいかがでしょうか?(編集H.O)

この号の目次へ

最新号

ナショジオクイズ

写真はドバイの街を世界で最も高いビル「ブルジュ・ハリファ」から見下ろしたものですが、ブルジュ・ハリファの高さに近い山は次のうちどれ?

  • 箱根山
  • 比叡山
  • 天保山

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ