ケニア北部で、先住部族の人々の生活を支えてきた巨大なトゥルカナ湖。だが、上流のエチオピア国内で進む大規模開発で、その存在が脅かされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トゥルカナ湖の不透明な未来

ケニア北部で、先住部族の人々の生活を支えてきた巨大なトゥルカナ湖。だが、上流のエチオピア国内で進む大規模開発で、その存在が脅かされている。

文=ニール・シェイ/写真=ランディ・オルソン

 ケニアを貫く大地溝帯に位置するトゥルカナ湖は、淡水と養分の90%をオモ川から得ている。しかし上流のエチオピアでは、アフリカ最大級のギルゲル・ギベ第3ダムが完成し、サトウキビや綿花の栽培を目的に大規模な灌漑計画も進んでいる。ダムの取水によって湖に流れ込む淡水の量が減れば、湖水の塩分濃度が上昇し、9万人の生活が脅かされることになる。

干上がったアラル海と同じ道をたどるのか?

 専門家たちは、湖がアラル海のように取り返しのつかない状態になることを恐れている。カザフスタンとウズベキスタンにまたがるアラル海は、かつて世界第4位の大きさの内陸湖として豊かな水をたたえていた。ところがソ連時代に始まった灌漑計画で、アラル海に注ぐ2本の川の水は綿花栽培に吸い取られていった。水源を失ったアラル海は縮小が止まらず、2007年には大部分が乾いた荒れ地と化した。

 トゥルカナ湖にも同じ運命が待っているのかもしれない。サトウキビと綿花の栽培がさらに拡大すれば、やがてはオモ川の水量も減っていき、湖の水位は18メートル以上も下がると水工学者のショーン・エイブリーは予測する。そうなれば多くの漁民が生活の手段を失い、難民になってしまう。

 オモ川流域の開発計画には批判の声が上がっているが、エチオピア政府はまったく聞く耳をもたない。この記事のために取材をした複数の科学者が、環境への影響がどの程度あるのか、ほとんど公表されていないと話していた。だが、手に入るわずかな情報からでも、トゥルカナ湖への影響がまったく考慮されていないことはわかるとエイブリーは言う。
「どの調査も、エチオピア国内の範囲でしか行われていないんです」

 2009年、オモ川の取材でギルゲル・ギベ第3ダムを訪ねたとき、エチオピア政府の担当者がこう話していた。「この土地を開発し、川を活用することはわれわれの運命であり、責務なのです」。エチオピアの人々には、その水面に輝かしい未来が映って見えたのだろう。

「天然資源を利用した開発は多くの国がやってきたことです。エチオピアだけを非難することはできませんが、それによる破壊はあまりにも大きい」とエイブリーは言った。
 ケニア政府は、エチオピアの開発計画に対して沈黙を続けている。

※この続きは、ナショナル ジオグラフィック2015年8月号でどうぞ。

編集者から

 6月号の「アラル海」に続いて、この特集を担当しました。アラル海の消滅という大きな前例がありながら、同じことを繰り返そうとする人間の浅はかなこと…。一方これは、世界で起きている出来事が、まだまだきちんと伝わっていない証しといえるかもしれません。「知る」ことの大切さを実感する二つの特集。ぜひ併せてご覧ください。(編集H.O)

この号の目次へ

最新号

定期購読

ナショジオクイズ

写真はドバイの街を世界で最も高いビル「ブルジュ・ハリファ」から見下ろしたものですが、ブルジュ・ハリファの高さに近い山は次のうちどれ?

  • 箱根山
  • 比叡山
  • 天保山

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー