米国のロサンゼルスから広がった、ちょっとグルメな「フードトラック」による食の一大ブーム。その背景には、ソーシャルネットワークの発達があった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

90億人の食 噂のグルメスポット、移動中!

米国のロサンゼルスから広がった、ちょっとグルメな「フードトラック」による食の一大ブーム。その背景には、ソーシャルネットワークの発達があった。

文=デビッド・ブリンドリー/写真=ゲアード・ルドウィッグ

 土曜日の夜10時。この日のロサンゼルスは気温9℃の寒さだったが、ワゴン車の前には30人もの行列ができている。車のスライド式の窓が開く。さあ、噂のグルメスポット「コーギー・バーベキュー」の開店だ。店員が注文をとり、次々に客をさばいていく。

 この店は、厨房を備えた食品の移動販売車「フードトラック」だ。韓国とメキシコの料理を融合させたオリジナルのタコスを、車で移動しながら街頭で販売し、2008年の開業当初から人気を集めてきた。
 ロサンゼルスでは、フードトラック自体は目新しいものではない。南カリフォルニアでは数十年前から、道路脇や建設現場で手ごろな値段の食事を提供してきた、身近な存在だ。だが、そうした店は衛生的とは限らず、魅力に乏しかった。

 韓国生まれのロイ・チョイは現在45歳。斬新な料理をフードトラックで売るというアイデアは、彼らが「コーギー・バーベキュー」を始めた当時は異色だったと、自身の著書で語っている。甘いたれに漬け込んで焼いたカルビを、パリパリのトルティーヤ(トウモロコシの粉で作った薄焼きパン)に載せ、香り高いスパイシーなサルサソースを添えたタコスは、あっという間に街の名物となった。

 だが知名度が上がった最大の理由は、早い段階から集客にソーシャルメディアを活用したからだ。開業当初は、ナイトクラブをはしごするほろ酔い客でにぎわうサンセット大通りで営業したが、反応はいまひとつだった。ところが、当時広がりつつあったツイッターで出店場所の発信を始めた途端、メディアに敏感な若者たちが続々と来店。数カ月後には、毎日何百人もの客が訪れるようになった。1日で売りさばいた肉の量は、多い日で180キロにもなる。ニューズウィーク誌は、これを「米国初の“ネット拡散型”食堂」と呼んだ。現在、街を移動するトラックが4台、ロサンゼルス国際空港内に常設車が1台あり、ツイッターのフォロワーの数は13万2000人にのぼる。

 こうしたビジネスを育む環境は、意外にも2008年の大不況によって生まれた。レストランよりはるかに安い開業コストで始められるフードトラックに、才能と情熱あふれる料理人や起業家が目をつけた。不況のあおりを受けた消費者も、本格的な料理が10ドル(約1200円)以下で楽しめるとあれば、喜んで買いに来る。そこへソーシャルメディアが発達してフードトラックと客を結びつけ、これまでにない食のムーブメントが生まれたのだ。

※この続きは、ナショナル ジオグラフィック2015年7月号でどうぞ。

編集者から

 昔、会社の前に出没していた屋台のラーメン店。大盛況だったものの、道交法にひっかかって強制的に店舗での営業となり、その後客足はいま一つ…という悲しい例を目の当たりにしたことがあります。熱々のスープと冷たい夜風のコラボ、道端で麺をすするというお行儀の悪いことが堂々とできる自由さが、やっぱりよかったのかもしれません。日本でもフードトラックが充実してくれるといいけれど、ネックは「道幅」でしょうかね?(編集H.O)

この号の目次へ

最新号

定期購読

ナショジオクイズ

こちらの元工場の屋上は農場と、あと何として利用されているでしょうか?

  • レストラン
  • 養殖場
  • 住居

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー