ネパールのカトマンズ盆地では、幼い少女を生き神「クマリ」としてあがめる伝統が健在だ。女神に選ばれ、やがてその座を降りる少女たちを取材した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クマリ ネパールの生きた女神

ネパールのカトマンズ盆地では、幼い少女を生き神「クマリ」としてあがめる伝統が健在だ。女神に選ばれ、やがてその座を降りる少女たちを取材した。

文=イザベラ・ツリー/写真=ステファニー・シンクレア

 ネパールのカトマンズ盆地では、幼い少女を生き神「クマリ」としてあがめる伝統が今も健在で、クマリに選ばれることは最高の栄誉とみなされる。
 クマリには未来を予見する力があり、病気を治し、願い事をかなえ、災厄からの加護や繁栄をもたらすといった御利益があると考えられている。さらには現世と神の橋渡しをし、万人を慈しむ「マイトリ・バーヴァナー(慈愛の心)」という境地を信者にもたらすといわれている。

クマリ信仰は「児童虐待では」との批判も

 中世のカトマンズ盆地では、たいていの町にそれぞれのクマリがいたという。そうした地域のクマリのほか、カトマンズ、パタン、バクタプルでは都に「ロイヤル・クマリ」がいて、ヒンドゥー教徒の王たちに代々あがめられていた。だが、時とともに伝統がすたれた場所も少なくない。カトマンズのダルバール広場から北へ5分ほどのムー・バハルでは、1972年に最後のクマリが退任し、以後クマリの座は空位のままとなっている。
 クマリ信仰は近年、少女の自由と教育の機会を侵害する一種の児童虐待として、人権活動家たちの批判にさらされている。パタンのクマリやカトマンズのロイヤル・クマリは、清らかさを重んじ、世俗やけがれから厳しく隔離されるため、とりわけ非難の的となっている。

 だが2008年、ネワール族の女性が起こしたクマリ信仰の廃止を求める訴訟に対し、ネパールの最高裁は文化と宗教的な伝統の重要性を理由に、この訴えを基本的に却下した。カトマンズ、パタン、バクタプルの三都に、チベットとカトマンズ盆地を結ぶ交易路にある城塞都市ヌワコットを加えた4人のクマリは、政府の保護を受けている。クマリの期間は給付金が月々支給され、退任後も生涯年金を受け取っているのだ。もっとも、その金額は、クマリの衣装や祭具の費用がやっとまかなえる程度だという。

※この続きは、ナショナル ジオグラフィック2015年6月号でどうぞ。

編集者から

 ネパールを大地震が襲ったというニュースが飛び込んできたのは、この記事の編集がちょうど一段落したころでした。多くの建物が倒壊し、報じられる犠牲者の数は日ごとに増える一方で、あまりの被害に言葉を失いました。その後、筆者からクマリの少女たちの安否を伝える報告が入り、ぎりぎりのタイミングでしたが、なんとか誌面に掲載することができました。記事と併せてお読みください。
 自宅の近所に、ネワール族の一家が営むネパール料理店があり、以前からよく通っていました。地震の後にご主人から聞いた話では、親族の方々は幸い無事だったそうですが、住んでいた家は危険な状態だとか。倒壊していない建物でも、住み続けるのは無理なケースが多いようです。その後も大きな余震があり、現地では多くの人がつらく不安な日々を過ごされていると思います。世界からの支援が、どうか必要な人々のもとに届きますように。ネパールが一日も早く立ち直り、人々が笑顔を取り戻してくれることを願っています。(編集H.I)

この号の目次へ

最新号

ナショジオクイズ

この男性はハイチの露天商ですが、何を売っているのでしょう?

  • 洋服のボタン
  • お菓子

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー