• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • TOP
  • 特集ギャラリー:癒やしの鳥 パフィン(2014年6月号)

特集ギャラリー:癒やしの鳥 パフィン(2014年6月号)

英国スコットランドのトレシュニシュ諸島で、ニシツノメドリがひなに魚を持ち帰る。20匹以上の魚をくわえることができ、多い日は8回も餌を捕りにいく。(Photograph by Danny Green)

英国シェトランド諸島のハーマネス国立自然保護区で、自分の“王国”を見渡すニシツノメドリ。素早く海に出られるよう、断崖の端に巣穴を作る。(Photograph by Danny Green)

英国ウェールズのスコーマー島で、求愛中のニシツノメドリ。繁殖期になると、色鮮やかに染まるくちばしをこすりつけたり、打ち鳴らしたりする。(Photograph by Danny Green)

春になると、巣穴に敷く材料を集める。その様子を研究者のマイク・ハリスは「しゃかりきになって集める」と表現する。羽根やひも、紙きれ、海藻などは特にお気に入りだ。(Photograph by Danny Green)

巣穴から顔を出したニシツノメドリが、住まいを彩る花をかみちぎる。卵やひなを守るため、巣穴はたいてい1メートル前後の奥行きがある。ひなは6週間ほど巣の中で育ち、その間ほとんど姿を見せることはない。(Photograph by Danny Green)

スコーマー島での果たし合い。泥だらけになって翼を振り回し、くちばしを大きく開く。けんかの原因はたいがい巣穴の取り合い。首にかみつけば勝ちだ。(Photograph by Danny Green)

ハーマネス国立自然保護区の霧に包まれた崖は4月から8月にかけて、ニシツノメドリに占拠される。その多くは前年と同じ相手とつがい、同じ巣穴を使う。(Photograph by Danny Green)

この写真の記事

 北大西洋にすむニシツノメドリ(パフィン)。何カ月も海のかなたへ姿を消すが、春の繁殖期には陸地に戻り、そのおどけた顔で人々の心を和ませる。

この写真が掲載されている雑誌

ナショナル ジオグラフィック日本版
2014年6月号

特集「癒やしの鳥 パフィン」を収録

ほかにも「古代ペルー 深紅の王墓」「食を支える未来の養殖」などを掲載しています。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ