東京・上野の東京国立博物館で7月3日、特別展「縄文-1万年の美の鼓動」が始まった。全国各地で出土した縄文時代の遺物から、えりすぐりの土器や土偶、装身具や石器などおよそ200件が展示されているが、一番の見所は6つの国宝だ。

特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」

■会期:2018年7月3日(火)~9月2日(日)
■会場:東京国立博物館 平成館(東京・上野公園)
■開館時間:午前9時30分~午後5時(金・土曜日は午後9時まで、日曜および7月16日(月・祝)は午後6時まで)※入館は閉館の30分前まで
■休館日:月曜日(ただし7月16日[月・祝]、8月13日[月]は開館)、7月17日(火)
■公式サイト:http://jomon-kodo.jp/