欧州宇宙機関(ESA)の小型探査機ホイヘンスは、電池が切れ、母船であるNASAの土星探査機カッシーニとの通信が途絶えるまでのわずか1時間ほどの間に、猛烈な勢いでデータを収集し、送信した。そのデータは、地球に酷似した異世界を垣間見せてくれるものだった。

文=Nadia Drake/訳=三枝小夜子